富士山特急で思いもかけず最前列に乗車。元ロマンスカー。

富士山特急 富士急行 もとロマンスカー 先日、富士山にあやかろうと富士吉田に遊びに行ってきました。 これまで山梨県、静岡県へは何度も行ったことがありますが、ほとんどが車やバイク。列車で行くことは滅多にありません。だから富士急行に乗ったのは初めてでした。
JRからの乗り入れの快速で、帰りは普通列車に乗ろうと思ったら、本数が少なく、待ち時間が長すぎるので追加料金を払って特急へ乗車。そしたらなんと最前列に乗れてびっくり。
鉄ちゃんじゃなくてもテンション上がります。

富士山特急 運転席 今回乗車したのは元々小田急線のロマンスカーだった車両です。
ロマンスカーで最前列なんて相当狙って購入しないと座れないのに、 自由席で最前列に座れてしまうというのには驚いた。
この列車指定席の方は展望車両になっているのだけど、この日は天気が今ひとつで富士山は見えなかったので、指定を取った人はがっかりだったであろう。

富士山特急 富士急行 もとロマンスカー しかし、特急と言いますが、停車駅が少ないというだけで実際にはかなり遅いです。
行きもJRから富士急行内に入った途端に速度が急激に落ちて、おまけに結構揺れるので「もしかして線路のメンテ不足?」と聞いてしまいました。ミャンマーを思い出しましたよ。
速度出したら脱線するのか、単線なので行き違うタイミングを計っているのか、恐らく両方だと思いますけど。

白桃のチューハイと米焼酎 帰りの列車内で呑んだ白桃のチューハイ。 山梨産の白桃を使っているそうですが、作っているのは合同酒造でした。
甘くてネクターみたいでカロリーが高そうなお酒。
吉田のうどんでお腹がいっぱいだったので酔わずにいられた。

甲州ワイン ワンカップ 白 大月駅で購入した白ワインのワンカップ。
大月に来ると甲府のお土産物が買えます。

少しお裾分けしてもらいましたが割と美味しかったです。

甲州ワイン ワンカップ 赤 こちらはワンカップ。大月からは普通列車だったのと、白桃チューハイで酔ったので呑まずに寝てしまい、気がついたら降車駅でした。なのでまだ家にあります。
前に甘すぎていまいち好みじゃないワンカップがあったなぁなんて思ってたのですが、 家帰って写真を確かめたら、このワインは前にも飲んだことがあるヤツだった。

ぶうちゅう 葡萄酒 ハイボール ぶうちゅうハイボール。 富士吉田のことを調べていたとき、日経の記事かなにかで山梨ではワインを焼酎で割って飲む文化があると言うのを見つけました。山梨っていうか勝沼とかワインの産地だとは思いますが。
でこちらはお土産物やに売っている葡萄酒と焼酎を割ったぶうちゅうのソーダ割りです。
スパークリングワインのような感じで普通のチューハイよりも甘くて飲みやすい。 飲み方に書いてあるように氷で溶かしながら呑んだ方が美味しいかな。

甲州ワイン ワンカップ 赤 2種 これが10年くらい前に甲府で購入したワンカップ。
どっちかがもうびっくりするくらい甘口だったはずなのですが、
どちらか憶えておりません。
ひょいとワインを今度飲んでみたら確かめられますねぇ。

富士山ソフトクリーム  今回の旅で一番のヒットはこれです。富士山ソフトクリーム。
富士急行の富士山駅の売店で食べられます。
下が青バラソフト、上がミルクソフトという組み合わせです。
願わくば、青バラではなくラムネ味とかだといいなぁ。
夏だったらラムネアイス受けると思いません?

ともあれミルクソフトも青バラソフトも材料がちゃんとしていて美味しかったので、 特段不満はありません。
富士吉田では信玄餅になぞらえた信玄ソフトをいくつも見かけますが、 私はこっちの方が好きですね。見た目もさわやかで。

山梨側からの富士山は超久しぶりでした。
金運神社での願掛けがかないますように。(←旅の目的これ。)

個人的に富士山物のグッズで欲しいなぁと思っているのが中川政七商店の「富士傘」。
ホントは日本製の高級な傘を買いたいのですが、でもこのビニール傘が気になってしょうがないのです。
皇室御用達のビニール傘は8000円くらいするそうですが、そのくらい丈夫に作ってあれば買いたいんだけど。高くてもいいので作りを丈夫にしてくれたらなぁ。

前へ

シンガポール土産のバクテーの素。鶏と豚で味比べ。

次へ

ペヤングソース焼きそば復活!スーパーは売りきれも。