旅ナビ-東南アジア
ホーム > 民族文化・祭・イベント  »  タイ正月水掛け祭り・ソンクラーン > タイ正月ソンクラーンを島で!終わりはプーケットのソンクラーン

タイ正月ソンクラーンを島で!終わりはプーケットのソンクラーン

プーケットのソンクラーン
プーケットは派手
たったの1泊のピピ島は最後が印象深かったのでお名残惜しい。
それでも再び船でプーケットに帰った。

航路は順調だったのだが、パトンまでが大渋滞で、やっとお祭り気分に浸る。
一本道な上に、あちらこちらから水タンクを積み込んだ車がなだれ込み、水鉄砲を抱えた二人乗りバイクがぶいーーんと暴走し、

オリャ!! (ノ*`▽´*)ノ ⌒~~~~~━━━┻━━┻━━━

と道路からも水攻撃を浴びせ続けられる。(まあ、車の中だから平気なんだけど)

ソンクラーンで水浸し
水浸しで黒光りする道路
(o ̄ー ̄)o〆.。o○水.。o○水.。o○水.。o○(ノ゚⊿゚)ノ.。o○ごぼごぼ・

ホテルにチェックインしたときには既に夜の7時すぎ。
今度はハネムーン用のジュニアスイートにアップグレードされたのには驚いたが、しかし、今日も寝に帰るだけだってば(笑)
応接室、寝室、バスルームはジャグジー付き。いやぁ、これもソンクラーン効果なのかもしれません(安い部屋を当日埋めちゃったのでしょう)。


兵隊はバケツに潜む
兵隊はバケツに潜む
チェックインが終わると、早々に外に繰り出します。
まずはカルフールにお土産用の水鉄砲を買いに行ったところ、あんなに沢山あった水鉄砲が売り切れていた。 w( ̄△ ̄;)wおおっ!

そして、おとといは沿道にあふれていた土産物屋台は姿を消し、水鉄砲屋ばかり。

(☆゜-^)┬┬‐ :・・・・・ ダダダダ(/TДT)/あうぅ  ヾ(;´▽`A``

味方を盾にしつつ不意打ちの攻撃を交わしながら、かけずり回りました。

お参りはちゃんとやりましょう
ホテルに仏様が鎮座
人通りのある店の前をはずれ、夜の買い出しにとコンビニに向かっていた時、ようやくすれ違う人々もいなくなり、

「いやぁ、やっと誰もいなくなったねぇ~」と、ほっと一息ついていたら、
歩道に置かれたどでかい水桶から、黒ひげ危機一髪!のごとくホースを抱えた兄ちゃんが
スチャ!☆ミ(/ ̄^ ̄)/只今参上!
と現れた時には、もう、ビックリを超えた。 (|||ノ`□´)ノオオオォォォー!! 

なんなんだ~、この町は!(さすがプーケット一のいかがわしい繁華街!)

3日前とは別の屋台街でシーフード三昧しました
【やっぱりシーフード屋台で食事するのだ】

伊勢エビのニンニク焼き
伊勢エビのニンニク焼き
こんな激しいパトンナイトでしたが、思えば、バンコクほど白い粉が席巻しておらず、右にも左にも飲食店があるのでお店に逃げれば安全地帯。

向かいからやってくる人間を吟味し、明らかに目がイっている外国人観光客(特にロシア人ぽい顔立ちのヒトが羽目を外している)が、ぬれねずみのタイ人の若者が来たら素早く走り去る!を繰り返して入れば、自分がぬれねずみにはならずにすみました。

浮かれた外人の集団
【浮かれた外人の集団】
若干、パトンビーチの様子も見たかったところですが、シーフード屋台で伊勢エビ、タイカレー、イカなどを食べまくり、レッドワインで散在しまくり、ホテルのジュニアスイートで再び宴会という親父みたいなパターンで我々のプーケットのソンクラーンは幕を閉じました。

しかし、ホテルの噴水の水が空っぽだったのも衝撃だった。
みんな水掛け用に使われてしまっていたようです。容赦ありません。

バンコクじゃ色つきも・・・ バンコクに戻ったら、白い粉どころか色つきが今年の流行?であった。

おおコワイ Σ( ̄ロ ̄lll)