千葉県は醤油の郷だと実感。「かずさむらさき」うまいです。

かずさむらさき 宮醤油 先日の野田に引き続き再び千葉県に行って来ました。今度はちょっと南下して館山に行った後、北に戻って木更津からアクアラインで神奈川に戻るルートです。で、途中で購入したのがこの醤油。佐貫の老舗・宮醤油店のかずさむらさきです。
実は今年の春にいつも使っている小豆島の醤油を箱がいしてしまったので360mlを一本買いました。いろんな種類があるなかでこれを購入したのですが、あたり!でした。まろやかでおいしい醤油です。

かずさむらさきとしいたけ 「塩分が控えめなのでかけたり付けたりして食べるといいですよ」とお店の人にいわれたのもあり、まずは単純に醤油の味を楽しもうということで、同じく千葉で買った原木椎茸に垂らしました。
ちょうどシーズンということで産直野菜を売っていたのですね。
その中でしいたけをチョイスしました。

千葉の原木椎茸 塩分が確か14.7%とかかかれていた気がします。あまり塩辛くなく、甘ささえ感じます。
椎茸自体も季節のもので、しかもでっかいので食べ応えあり。
オーブントースターで軽く焼いてしょうゆをたらりとかけて。
シンプルなのは素材の味が直ででますねぇ。

これはうまい!ということでこの醤油は大事に大事に使います。
冷蔵庫にスタンバイしました。

しいたけの吸い物 のこったしいたけは翌日に吸い物に。
二日間、堪能できました。

おばちゃんに聞いたのですが、外で太陽の日差しを浴びて育った椎茸は黒いんだそうで、ハウス栽培だと色味が薄いんだそうだ。ハウスだと年中栽培できるけど、外で育てるのは春と秋しかでてこないそうです。

前に小豆島に行ったとき以来、ずっと小豆島の醤油を買ってきましたが、
これからは千葉の醤油にしようかなぁと思いました。
ただ、小豆島の醤油がまだ大量にあるので、それがなくなるのは1年後くらい?

ちなみに宮醤油店の製造元で購入したのですが、製造元で買うとお店で売っているのよりも値段が安かったです。
木更津のアウトレットにあった千葉のお店にもここの醤油があり、550円で売られていたので、
「観光地価格?高いねぇ」なんて話していたら、ほかの実店舗でもそのくらいの値段なの。

でも宮醤油で私が購入した値段は370円くらいだったんですね。
卸売り価格で分けてくれるのかも?
また千葉に行くことがあったら佐貫で買ってこようと思います。

半年前に佐原にいったときはしろみりん。先日は野田でキッコーマンの醤油をもらい、
今度は佐貫でかずさむらさき。千葉ってこういうとこだったんですねぇ。
ピーナッツとかびわとかしか意識してなかったです。
ちなみにむらさきっていうのは醤油のことです。昔はそう呼んでいたんだそうですよ。

丸島醤油がなくなったら、今度は宮醤油のふつうのお醤油も買ってみよう。

前へ

世界で食べた変わった果物を探してみた。

次へ

海老名SAのメロンパン。これが話題のブツでしたか~。