チャナベーサン粉でパコラ作った。オニオンと鶏もなかなか。

チャナベーサン粉 ひよこ豆の粉 ネパールでチャナベーサン粉を買ってきました。 インドに行くたびに大好き!とほえている割にそういえばパコラって自分で作ってなかったなぁとスーパーでふと思い出したの。 チャナベーサン粉って日本語だとひよこ豆の粉のことです。
内容量は袋の大きさからして500gくらいかな。ちょっと表示を探したんだけど見あたらなかったので。これで73ネパールルピーです。日本円にすると100円しないくらい。

ネパール土産のスパイス。ジンジャー粉、クミン、ジンブー ついでにスパイスも買いました。スパイスはインドやネパールなどで買うとたくさん入っていて、普段使い慣れない日本人は余らせてしまうんですけども、 ジンジャーとクミンとジンブーだけ買いました。
ジンブーはアンナプルナ山の方のタカリ族が好んで使う葱のような香りのするスパイスです。ジンジャーは蜂蜜と一緒にジンジャーティーにしようと思って。

オニオンパコラ で、パコラの中でも一番好きなオニオンパコラです。
チャナベーサン粉にジンブー、ガラムマサラ(先日お土産に頂いた)、塩を適当に混ぜた物に水と加えて衣を作りました。
それをタマネギに絡ませてカラリと揚げる。
今回ネパールでもオニオンパコラを食べましたけども、 全体にインドの人が作るより、ネパールの方がスパイスが控えめでした。
それこそオニオンパコラはベーサン粉と塩だけでもおいしいでしょうね。 (それじゃフリッターと同じだけど。)

チキンパコラ タマネギを揚げて残った粉にチキンを絡ませました。
鶏の唐揚げをベーサン粉でやったというわけです。
これはこれでおいしかったです。
でもやっぱり野菜を揚げる方が私は好きかな。

日本でもひよこ豆の粉はうってますけど、安くて1キロ500円くらい。 有機栽培になると500gで600円くらいするようです。
今年の夏の花火の宴会の時はこれだすかな~。
タマネギフライ。絶対にうけると思います。
日本で買えることもわかったし、粉がなくなったら買おうっと。

前へ

ネパールの高地でぷっくりふくらんだ食品いろいろ。

次へ

ネパール土産で神様の仮面。各地の土産であふれかえる玄関・・・。