台湾のパイナップルビール。ビールである意味があるのか微妙。

台湾ビールとパイナップルビール 台湾旅行で飲むお酒といえば台湾ビールです。紹興酒とか青酒とか米酒とか小米酒とか他にもお酒はなくはないけど、やっぱり手軽でどこでも飲めるのは台湾ビール。(台湾人は飲む場ではけっこうウィスキーを飲んでますが。)
で、いつものようにコンビニで寝酒を調達に行ったところ、目についたのがこちら。 パイナップルビールです。味見に買ってみました。

パイナップルビールはふつうのビールよりもアルコール度数が弱く、
一口飲むとパイナップルの香りと甘みが広がります。
ビールのような苦みが全く感じられなくって、サワーやカクテルの感覚です。

まあ、正直言うと「アルコール本当にはいってるの?」という味わいで、
カクテルというよりジュースにちかい。すごく呑みやすいです。
ビールが苦手な層にむけて開発したのかも。

パイナップル以外にマンゴービールとかもありました。
お土産に買って帰るのもおもしろいと思いますよ。
スーツケースに隙間があったら、是非、どうぞ。

ビールが苦手な人には呑みやすいし、ビールが好きな人はビールと思わなければ呑めます。

今夏、台湾で大ヒットの商品、通常価格は4416円、今は送料無料で3800円!!★☆台湾トロピカル...

台湾トロピカルフルーツビールセット
価格:3,800円(税込、送料込)

日本でも楽天とかで売ってます。
1本から買えますが、関税とかいろいろ上乗せされてますから高いです。
現地で買えるといちばんいいかな。

前へ

基隆廟口夜市の「旗魚蛋包」。カジキマグロ揚げ饅頭。

次へ

麻油麺線(台湾素麺のごま油和え)を作ってみた。やっぱうまい。