老舗の鳳梨酥(パイナップルケーキ)戴きました!美味♪

パイナップルケーキを切ったところ 台湾土産に鳳梨酥(パイナップルケーキ)を頂きました。私は10数年前に初めて台湾に行った時、土産に買ったのですが、同行の友達は「私これ好きかも!」とゆっていたのに対し、あんまし好みではなかった。というのもそのお店のものは周りのクッキー生地が甘さ控えめすぎで私にはイマイチだったんです。お店の名前は忘れましたが。
それ以来、手を出していなかったんですが、今回戴いたものを食べてびっくりした。 「あ、あれ?美味しい!」 10年前この店で買ってれば・・・?

台湾の老舗メーカーのパイナップルケーキ こちらはChiaTe佳德糕餅の物です。
台北市とかいろんなとこで表彰されているみたいです。
パイナップルケーキといえば台湾を代表するお菓子となっていますので、 毎年コンテストが開かれるようです。プレーン味部門とか創作部門とかで。
ふと思ったけど、日本を代表するお菓子ってナンだろう?
和菓子とかになっちゃうんですかねぇ。

台湾のパイナップルケーキ外観 パッケージを開けたところです。
パイナップルケーキって四角い形で見た目は地味なんだよね。
この四角いなかにパイナップルジャムが入っているのです。

パイナップルケーキを切ったところ 外側のクッキー生地の甘さと中のパイナップルジャムの甘酸っぱさが バランス良く、生地もぼそぼそしてなくて大変美味しいです。
最近では日本はその土地を代表する有名菓子屋のお菓子が 空港でも買えますが、台湾では店舗でしか買えないみたい。
空港で売っているのは美味しくないそうです。

パイナップルケーキパッケージのウラ面 パッケージのウラ面です。
これ見て、重量がプラスマイナス5gも誤差があっていいのか?と 驚きましたが、それは日本人の感覚なのでしょう。
たぶん、ジャムの密度で重さが変わってくるんだろうけども、
日本でこんな表示みたことないなぁ。

ちなみに100gのカロリーは443.6キロカロリーです。
1個50g前後なんですから、約220キロカロリーってことだ。
小さいけど結構高カロリー。1回で食べる量は一個にした方がいいですよ!

この前、中華街に行った時、重慶飯店にもパイナップルケーキがあって、
さすがに日本の店なので値段はたかいんですけど、今度食べ比べてみます。
あそこは1個単位から中華菓子が買えるのでそういう意味では手軽です。
でもサチマの高さにはちょっとめを疑ったのですが(まだいう。)
今度、台湾いったらまたサチマ買ってかえろーっと。

前へ

ロンボク島旅行記完成!島やお祝い乱入など盛りだくさん。

次へ

下町のカワイイせんべい。亀の子せん!