ロンボク島旅行記完成!島やお祝い乱入など盛りだくさん。

トゥミス・カンクン 空芯菜の炒め煮 GWのロンボク島の報告がようやく終わりました。 本当は夏休みに行く人を考えて夏前には完成させたかったのだけども、 その後に行った台湾の豊年祭のレポートがどうしても先に作りたくて、 結局、後回しになりました。まー、年末には間に合ったと言うことで。 (年末のロンボクは季節がいまいちな気がしますが。)
バリの隣なのもあり、あまり期待してなかったんだけど、予想以上に いろんな新しい食べ物が食べられたし、割礼のお祝いを覗かせて貰ったり、 楽しい滞在でした。

冒頭の写真は、ロンボク最後の昼食に食べたトゥミス・カンクンです。
日本のガイドブックでは、空芯菜を中華風に炒めたチャ・カンクンの紹介が多いですが、
インドネシア風に調理するとこうなります。
少しスープ(味の素の場合もある)を入れて、炒め煮にした料理法です。
本当は、トゥミス・カンクン・ウダンを頼んだんだけど、出てきたのはウダン抜き(ウダンはエビ)。
でも請求はウダン入りのものだったので、ウェイトレスと調理場の連携ができてなかったと見られます。
インドネシア語しか通じないお店だし、めんどくさくてそのままにしてしまいました。
もしもこういうミスが起こった場合は、料理が出てきた時にゆったほうがいいです。
食べた後だと、最初からエビが入っていたのかいなかったのか、確認しようがないから。
ってわけで、私が悪いかなぁとおもってスルーしました。

ロンボクの旅の後、最後にジャカルタで食べたアヤム・ブルンガンはちょっと由来がわかりません。
ブルンガン王国という国がカリマンタン島にあったようなのでそれがルーツなのか、
はたまた、その鶏肉を食べたお店がブロックMのブルンガン通り近くにあったので、
通りの名前なのかが今ひとつつかめず。
仕方ないので真相がわかるまでしばらくお蔵入りになりそうです。
かわいそうだから、ここにアップだけしておきます。

アヤム・ブルンガン

なんだか綴りは違うんですが、AYAM BULUNGANという名称のお店があるようです。
そのお店もブロックMだったみたいなんで、この店からきたんかなぁとも思ったりする。
砂糖醤油ベースのタレにつけ込んだ鶏胸肉で、ちょっと焼きすぎでパサパサだった。
うまかったのは小エビの唐揚げです。

ジャカルタは雨に降られたり、目星を付けていた店がつぶれていたりで
結構運がなくて、ロンボクみたいに美味しい物ばかりでなかったのが残念でした。
次回はちゃんと事前に調査しておいてまたリベンジ!です。

前へ

繁忙期の旅でチケットが取れない時の意外な穴。

次へ

老舗の鳳梨酥(パイナップルケーキ)戴きました!美味♪