AX3のインナーケースは市販の帆布とシビラのポーチにしました。

パソコンインナーケースにした 無印とシビラのポーチ パソコンのインナーケースって機能性はともかく見た目がださいものばっかりで、どうも2000円以上出す気にもなれず、100円ショップから雑貨屋まで様々なお店を巡ってきました。
iPad用とかだと鞄の専門店やらのおしゃれな手作り品とかあるんですけどね。それだけ売れているんですかね。タブレットは。たぶんiPadだけでなく、電子書籍の端末なんかにもつかえるので、売れる数が違うのでしょう。しかし、納得いかん。
いっそのこと自分で手作りしようかと真剣に考えたのですが、結局、これで落ち着きました。無印良品の丸留め付きケース(帆布製)と昔、知人にいただいたシビラの化粧ポーチ。 「ああこのシビラのデザインでB5サイズであったらなぁ。」とは思うけど、グレーの帆布は地味だけど、値段とのバランスでそれなりに気に入りました。(600円で手に入れたので。)

無印良品の帆布製 丸留め付きケースとノートパソコン AX3 レッツノートって頑丈さが売りですし、そのまま帆布ケースに入れても大丈夫な気もしますけど、たまたま家にぴったりの大きさのプチプチがあったので使ってみることにしました。
たぶんこれアマゾンで本を買ったときのだと思いますわ。
そのうちつぶれてくるでしょうし、そのときまでにぴったりのウレタンケースとか探してみる。(ホームセンターで買ってきて作るかも。外側ではなくって内側に入るものなら手縫いでも見た目は気にならないし。)

無印良品の帆布製 丸留め付きケースとノートパソコン AX3を収納 はい。こんな風に収納してみました。ぴったりでしょう。
ただ、このケースはA4の書類を入れることを想定しているようで、 AXだと横幅が余ってしまうんですね。
ビジネス用途でパソコンと一緒に書類を持ち歩くにはばっちりです。
でもって私のようなおれてはいけない大事な書類など特に持ち歩かない場合は、 鞄の大きさにあわせて折ってしまえばいいですし。

要は100円ショップとかで売っているA4サイズのインナーケースの場合、 ケースの中でパソコンが泳いでしまうんですよ。それがいやだったの。

AX専用のケースってsuonoあたりしか出してなくって、
高い割にデザインが好きではなかったので、買うのをやめました。
(BIMOが11インチ用も出していたのは、後で知ったのでした。)
まあ今はパナのサイトで買えば先着で専用革ケースもらえますけどね。

シビラのポーチに入れたAX3のアクセサリー類 ACアダプタや予備バッテリーなどのアクセサリー類は シビラのポーチにいれてみました。容量はぴったりでした。
シビラのこれ系のポーチはたぶんライセンス生産品で、デパートとか 丸井などのファションビルの小物コーナーで扱っているものです。
(シビラのショップでは見たことない。・・・と思う。)

私、シビラの色遣いが結構すきで、冠婚葬祭用の服などはシビラです。
だからこれを頂いたとき、すごくうれしかったのですが、サイズが大きめなので
あんまり使ってなかったの。
こいつもまさかパソコンのアクセサリー入れになるとは思わなかったであろう。

近所のヤマダ電機やコジマではパソコンのインナーケースの扱いは少なく、
特に11.6型はエレコムの地味色くらいでヨドバシも見に行ったんだけども、
やっぱりあんまり気に入るものはなかったんですよね。
11.6用では地味、大きすぎる、汚れそうな上に洗えない。とこんな感じ。

単なる直線縫いだから自分で作るのも簡単なんだけど、ミシンがいるし。
(それこそミシン代のほうが高くつく。)

ケースも買うまでにいろいろ調べたので、参考までに紹介しておきます。

レッツノートAX3用によさげなインナーケース

前へ

Let's note秋冬モデルついに登場!今度はLXシリーズも仲間入り。

次へ

清水もつカレーの缶詰を食べてみた。