ずっと不明だったMTのjavascriptエラーがようやく解明!

このHPを家で更新する時はちゃんと出来るのに、ネットカフェとかで更新しようとすると、 このブログのエントリーを書き込む画面が表示されなかったりする現象がありました。 セキュリティの設定でjavascriptが作動しないように設定しているのかなぁ?と思ってたんですが、 原因は私がこのサイトを運営し始めてからしばらくしてドメインをとったことが原因でした。
ムーバブルタイプの設定をするcgiファイルにmt-configというのがあるのですが、 そこの設定でcgiとmt-staticへのpathをフルパス指定していたんです。旧アドレスで。

勿論、ドメインをとっただけなので、
 旧アドレス: http://tabi-navi.namaste.jp/
 新アドレス: https://tabi-navis.com/
どっちでも同じ画面は表示されます。サーバを移転したわけではないので。

ただ、ドメインをとったので、新アドレスのほうが勿論メインでりようしております。
自分でHPアドレスを打ち込んでHPを開く時も勿論独自ドメイン。短いし。

で、外でHPの漢字変換ミスとかを見つけると、その独自ドメインのアドレスの後ろに、
さらにcgiファイル名を続けて入れていたんです。
ムーバブルタイプのプログラム自体は正常に動くのでちゃんと画面は遷移するのですが、
ここでjavaを動かそうとした時にブラウザが「むむっ」っと困っていたと。

アドレスバーに出ているアドレスとconfigファイルで指定しているアドレスが違うから。
javascriptがうまく動いてくれなかったんです。

「おおそうか!」と気が付いて、フルパスを相対パスに戻したら見事に治りました。
なぜフルパスで設定されていたかはよくわかりません。MT導入したの昔過ぎるので。
家で更新する時は、独自ドメインをとる前からお気に入りに入れていた旧アドレス主体の ログインページからログインしてたのでエラーにならなかったんですねぇ。

「せっかく外出先でもHPの更新ができるようにムーバブルタイプを導入したのに できないじゃないか~」

って勝手に憤っておりましたが、自分の単純ミスでした。
google chromeで動作しないのはmtのバージョンが古いからなのかとも思ったけど、
ぜーんぜん違った。IEだとしばしば凍るのでchromeにのりかえちゃおっかな。

よかった。よかった。

実はどうしてこんなことをいちいち記事にしているかというと、
ふと「どうにか治らないだろうか?」と急に思い立って記事を検索していたら、
私と同じような現象を起こしている人が相談しているフォーラムを見つけたから。
その人とはjavaが動かない原因は違いましたが、いろんな方のアドバイスを読みながら、
自分のファイルを見比べたりして同じようにいじくってみました。

さらにgoogle chromeのツールの中にjavascriptコンソールっていうのがあるのに気が付いて、
それを動かしてみたら、「ここが違うのよ、あなた」ってURLを指摘してくれたのでわかった。

自分の誤りにたどり着くまでに人の経験談が大いに役立ったので、参考までに書いてみました。
単純な間違いって、単純だから気が付かないのだろうなぁ。しみじみ。

前へ

yahoo アドパートナー不具合の原因がわからず。

次へ

また得体の知れないものを・・・。漢方食材「鹿茸片」。