タイ土産:モジmojiという名のカスタード饅頭と中華風饅頭。

タイ モジ ミルク饅頭 家族がタイに出張で行ったときにお土産に買ってきてくれたお饅頭です。 見た感じは日本にも良くある小麦粉を使ったお饅頭にそっくりです。
真ん中にカスタード餡が入っていて洋風な味わい。 タイっぽさはないけど、誰にお土産にあげても問題なく食べられる感じ。
ただこのお菓子、名前が「MOJI」って言うらしいんですが、この由来が謎のまま。

タイの饅頭 2種類 買ってきてくれたお土産がこの二つ。
直径3cmくらいのおまんじゅうが4つずつ入った物が二種類。
一つはモジmoji、一つはチャイニーズケーキchinese cakeとあります。
タイ語は読めないのでタイ語でなんて書いてあるのかは不明です。

タイ ミルク饅頭 moji こちらがモジというほうのおまんじゅう。 パッケージに牛乳パックと豆の絵が描いてあるので、ミルクまんじゅうらしいと想像できますね。
英語でクリームカスタードと書いてあるので、カスタードまんじゅうだとわかります。

タイ モジ ミルク饅頭 カスタード饅頭 中身はこんな感じです。ちょっと卵が多そうな色の餡です。
日本にある商品でたとえれば、博多通りもんとかままどおるとかそんな感じ。 小麦ベースのおまんじゅうですが、ちょっとしっとりした味わいです。

ところで、モジというのがなんでこう言うのか調べてみたんだけど不明です。
ただ、米粉で作ったモジを「日本スタイル」、小麦粉で作ったモジを「タイスタイル」と
書いている人がいたので、もしかして「もち」から来てます???と思ったりして。
さらに日本の大福はもっと柔らかくてどうのこうの・・・という説明があったので、
タイの米粉を使ったまんじゅうはもっと堅めで弾力があるっぽい。

タイ 卵饅頭 こちらはチャイニーズスタイルのおまんじゅうということです。
塩卵入りっぽいのですが、実は賞味期限が過ぎてしまって食べそびれました。
少しくらいだったら食べるんだけど、1ヶ月過ぎたので止められた。
塩卵が入っているのでこっちの方が賞味期限が短かったらしい。
少しだけ塩気があって、ぽろぽろっとした餡が入っていました。
(止められたけど、少しだけ食べた(笑))

皮には卵を塗って焼いてあるので表面に少し照りがありました。
また今度、タイに行くことがあったら、こんどはちゃんと賞味期限内に食べたい、

前へ

MovableTypeとWordPress比較しながらリニューアル中。

次へ

ようやく9月のインドネシア・ケイ島の旅レポ完了。