大きなお世話のサービス。マルガリータ1杯無料・・・。

マルガリータとナチョス 海外に行くと欧米人がよく行くような観光地では、夕方の食事時前の時間帯にカクテルタイムみたいなものが設けられていてお酒が半額だったりするサービスがあります。お酒はかなりの収入になるので、食事前に飲みに来てもらってもうける仕組みなんだと思いますが、メキシコに一人で行ったとき、最後の晩だったので食事と一緒にマルガリータを頼んだんですが、 「この時間はサービスで1杯頼むともう一杯無料です」といきなり、2杯のマルガリータを持ってこられました。これは大きなお世話だった。

バナナ味の甘いマルガリータ
カンクンでのんだ
甘いマルガリータ。
バナナだったかな?
私そんなにお酒は強くないので、マルガリータみたいに
強いカクテルを2杯も飲んだら大変なことになるのですよ。
半額にしてくれた方がうれしいのに・・・。

最後の最後まで残っちゃって、心臓ばくばく言わせながら飲んでた気がします。

メキシコもスペインの統治をうけてるので、しゃれたレストランやホテルは
基本的に欧米文化の影響が強いと思いました。
旅行や食事もペアで行動するのがふつうなのかもしんない。

レストランで一人で食事してる人・・・みたかなぁ・・・。
食堂みたいな手軽なところならいるんですけども、でも、せっかく遠くまで旅行しているんだから、 一人でもレストランに入るのだ!と私は開き直ってました。

結構、浮きます。やっぱり。

マルガリータ ただ、前に本で外国人が日本のいいところを語っているのを読んだとき、
女性が一人で行動できることとおっしゃっている人がいました。
その方はご主人を亡くしてしまって、旅行も一人でできないと言うのです。
日本人の中高年女性が女同士で旅行したりしているのを見ていて、
欧米ではできないのでうらやましいとおっしゃっていて、ちょっとびっくりしました。

私、アジアを旅していてラクだったのは女一人でふらふらすることができるからです。
今は日本も一人旅しやすくなりましたけど、昔はそうでもなかったし。
でも女一人どころか、女同士のペアも欧米では一般的ではないのかと。
娘と母の二人旅っていうのもあんまりないんだって。日本じゃよくありますけどね。私もやるし。

と、マルガリータから何の話だっていう感じですが、なんか1杯サービスって言うのが
欧米っぽい習慣だなぁとちょっと思ったって話です。
というか、メキシコも上流階級はどちらかというと白人系や白人との混血って気がするので、
あながち間違った想像でもなさそうではありますが。

マルガリータ用の塩。スパイシーな物。
レモンと塩とテキーラで好みのマルガリータを自分で作って飲む。
甘いマルガリータはカンクンのメキシコ料理屋のオリジナルかなぁ?
レモンの代わりに苺とかバナナとかいれてたっぽい。

前へ

モラタメで頼んだ「じゃがりこチーズL」!旅にもってこ。

次へ

クックドゥの新しい調味料!いつでもおいしく中華が食べれる。