8月の休みは国内旅行で秋田と青森!温泉です。

5月にインドネシア、6月に中国、7月に台湾となんだか海外旅行にばかり行っていた今年ですが、 8月はようやく国内旅行に行くことになりました。(それにしても今年は旅行の頻度が多すぎる。)
8月末で切れるANAのマイルを使って羽田-大館能代/秋田-羽田の国内路線の特典航空券を出しました。久々に温泉でのんびりします。
私の国内旅行はひとつの宿に沈没してしまうのであんましお金使わないんだけども、それでも食事とか最低限は国内で消費しますので。少なくとも国内旅行は海外で使う金額以上にお金かかりますしね。(ちなみにこの前の台湾旅行は1人5万円です。交通費、食事、滞在費、土産等全て込みで。)
だいたい移動の計画が整ってきたので、今じゃらんnet で初日の宿を予約したトコです。

ANAの特典航空券はブラックアウト期間があるのでピークは有る程度外れますが、
それでもお盆に引っかかるのでだいぶん宿の空室がなくなっていました。
東横インとかリーズナブルなビジホは満室で、若干高めのホテル。
去年友達といった鳥取旅行で貯まったじゃらんポイントが使えたので割引き。
駅からも歩けるし、まずまずの部屋が確保できました。
予約金額の10%しか消費出来ないのでまだ余っていますけども有効期限は来年末だし。
それまでになんとか使えるだろ。と楽観視です。

ここんところ東アジアの旅ばかりだったので海外も楽天トラベルの利用が多かったですが、
個人的には国内旅行はじゃらんの方が好きです。
というのもポイントがこっちのが貯まりやすい。ポイント率が5%なのです。
楽天はキャンペーンとかだとポイント10倍のときもありますけども、
期間限定ポイントだったりするので、その辺りが微妙です。
ただし、じゃらんnet とは違って楽天市場でのお買い物でも使えるので、
しょっちゅう通販で買い物をしている人にはお得ともいえる。

楽天、じゃらん共に契約しているホテルの場合は、宿泊プランと料金は大抵同じなので、
後は自分にとってどちらが得かは考えてみるとよいかも。
2011年4月からホットペッパーポイントと統合されたみたいなので、
旅行はたまにしか行かないっていうひとには嬉しいですね。
いつの間に!って感じです。
(どうも統合されてポイント還元率下がったみたいですが。2%?)

国内だと宿に直接電話して予約することも多いですが、
都市のビジホなどはオンライン予約の方がお得な場合もあります。
そして、繁忙期でも以外とマイナーなオンライン予約サイトだと空室あったりもするので、
いろいろ比べてみるといいですよ。

国内宿泊(ホテル・旅館・温泉)オンライン予約サイト一覧

レジャーシーズンはビジホ専門のサイトだと空室が見つかったりもします。
温泉旅館などで独自HPを作っている場合、旅館のHP直接の方がワインが付いたりとか、
サービスが追加されてたりすることもあります。
繁忙期でないばあいは、じっくりお得なプランを探すのも手です。

私は温泉を除くと、旅行中はホテルにいるのは寝る時間だけなのでビジホで充分。
温泉はとにかくのんびりしたいので、湯治宿が好きです。
温泉旅館は食事の時間とか決めなきゃいけないので何泊もするのは落ち着かないのです。
でも最終日は上げ膳据え膳の温泉旅館に行くつもりです。

今回は久しぶりに酸ヶ湯にいきまーす。(5月くらいに既に予約してあった。)
温泉湯治のHPがほったらかしで久しいので、ここいらでちゃんと構築せねば。
青森と秋田をぐるぐる回ります。宮城とか岩手、福島はまた次の機会にでも。
今回はANAという制限があったのでしょうがないのであります。

前へ

Edyのコンビニチャージ。今年はサークルK系列でマイル獲得。

次へ

か、かわいすぎる。"福"盛りだくさんの中国製逆輸入「招き猫」。