ツアーが安いのにはワケがある。ワケを知って選べば問題なし。

昨日のNHKニュースで日本側の観光施設が中国人を敬遠し始めたと言っていました。 生活習慣の違いなどで対応が大変なのかな?と思いましたが、背景にあるのは価格競争でした。 ちょっと前までの日本ツアーには中国の富裕層が主な客層で、家電などの買い物ツアーなどが話題になりましたが、最近は中間層が多いそうです。 その中間層が手を出しやすいようにと旅行代理店が格安ツアーを企画し、採算が合わなくなって受け入れられないというのがその理由でした。
しかもそれだけでなく、裏には悪質な業者も台頭しているようで、その裏側まで潜入していて、「お、NHKもやるな!」っていう感じでした。

その悪質な業者というのはこういうものです。
パックツアーの料金は例えば京都3泊4日で航空券、ホテル、食事混みで50000円ちょっと。
当然ですが、ツアーでは利益を上げることはできません。大赤字です。
(燃油サーチャージや空港使用料がどうなっているのかはわかりませんが。)

この時点では旅行代理店にもガイドにも利益は全く入らないのですが、
ツアーで連れて行く免税店でお買い物をさせることでそのキックバックで稼ぎます。
しかしその免税店というのが名ばかりで、仕入れ値の2倍くらいの料金で売りつける。
関税と消費税が免除されても全く意味がないのであった。

影像に写っていたのは高級シャンプーが2本で10000円とかするんですよ。
例えばドンキホーテとかだったら半額以下なんでしょうねぇ・・・。
そんなことを知らずにお客さんは買い物をしてしまい、後でその事実を知って憤慨しているそうです。(当たり前だ。)そういうのがネットで流れているらしい。

採算が取れずに日本の旅行業界が手を引いたところを中国や台湾の旅行代理店が 参入しており、その一部に悪質な業者があるのだそうです。

でもこれって日本の旅行代理店も攻められたものじゃないと思うんですよ。
日本の旅行代理店だって中国や韓国で同じようなことをやってるんですから。
客に高額な値段で売りつけるっていう悪質ではないにせよ、
顧客を獲得するために採算度外視で格安ツアーを企画するのは同じ。
そして、現地の代理店が利益ゼロで引き受けて、土産物屋を連れ回すあのツアーです。
やっていることは似たようなものなんですね。

一昔前の香港旅行なんて、別室に軟禁されたってゆってましたよ。私の友人が。
だって、土産物屋は日本人が買い物しないと赤字なんだもん。

ただ、物価の高い日本で利益を上げるにはさらに悪質になっていくのでしょう。
騙して儲けられたら、調子に乗ってさらに騙すようにもなるでしょうし。


ただ、海外旅行に限らず国内旅行もパッケージツアーには土産物屋巡りがセットになっていますが、必ずしも悪いことばかりではありません。

日本以外のほとんどの国では物に値段はあってないようなもの。
買い物の時に価格交渉をして値段を下げるのは当たり前の行為です。
価格交渉に慣れていない日本人は、「自分で買い物をするのだ!」と意気込んでも実際には高く売りつけられる場合も多いし、偽物をつかまされたりもします。
でもツアーで連れて行かれる店は最初から値段は高めだったりはしますが、
それ以上にふっかけられることはないし、偽物をつかまされることもないです。
日本の感覚で買い物ができる安心感と時間の節約を考えれば妥当なところともいえる。

日本の旅行代理店の場合、クレームを防止するために土産物屋巡りを事前にツアーパンフレットに記載していたりもしますし、高いツアーから安いツアーまで日程表と値段を見比べて、 自分の好みにあった代理店を選ぶとよいですよ。
ホテルにこだわらず、飛行機の座席にもこだわらず(安いツアーだと連れと一緒に座れないこともある。)、とにかく行きたい場所を安く回ればいいのだ!と言う人と、
ある程度の快適性とランクを望む人では払わなければいけない値段が違ってくる。
それさえ認識してればあんまり嫌な思いはしないですね。

海外パッケージツアーの選び方」にも少し書きましたが、
【てるみくらぶの激安ツアー!】 なんかは安いツアーの代表です。
そして、ツアーの質がよい分、値段もそこそこ高めなのはやっぱりJTBとかですね。
JTBのトルノス のように航空券、ホテル、レンタカーなど自分で選んでツアーにしていくダイナミックパッケージなども最近は人気です。
団体行動をしたくないけど、現地飛び込みは不安な場合に使えます。

海外旅行はエイチ・アイ・エスはその間ってかんじかなぁ。私の印象では。
昔は格安航空券の切り売りをやっていただけですが、最近は面白いツアーをよく出しますね。
現地事務所もどんどん増えているので、私はツアーには参加しなくても、
現地事務所でオプショナルだけ頼むこともあります。

しかし、今回のネットで騙された!と憤慨している中国の方だけでなく
日本でもGWのバス事故でツアーの価格破壊などの問題が明るみにでました。
安い!安い!と安さに飛びつく消費者がいるので負のスパイラルになるわけで、
でも安さに飛びつくのには所得が減っているという問題があって、
つまり、根本的な問題はデフレで不況であったりする。

東北復興も建設国債発行ではなくて復興増税。
扶養控除の廃止に次は消費税率引き上げですよ。
今年の12月には証券関係の軽減税率も廃止になります。
あれ?そういえばガソリンの暫定税率っていうのもちょっと前話題でしたね。

働いても所得が増えない上にさらに政府に強制的に取られるお金ばかり増えて、
これでどうやって経済成長するんですかね。
おまけに赤字企業は税金払わないんですよ~。だって赤字なんだもん。

なんかツアーの話題から話が逸れましたけど、物にはある程度の適正価格があるのであって、 冷静に判断したいものですね。
中国の人にも日本の物価とかを考えて、ワケがあることを知って欲しいです。
そして、悪質な業者も法律違反ではないすれすれのところをついているのでしょうし、
そういうのを選ばなくてすむように情報を広く行き渡らせて貰いたいですね。

てるみくらぶ JTBの様に独自にwebサイトを運営して旅行ツアーを販売している所もありますが、 小さな代理店はそれだけの財力がないため、エイビーロードなどに広告を出して募集をかけたりしています。

それぞれをうまく使いこなして、満足行く旅行を選んでくださいね。
自分で選ぶのが面倒なら旅行代理店の窓口に行く手もありますよ。
調べる時間というコストを代理店の窓口に手数料として払うという考え方です。
私は自分であれこれ知って納得したいのでオンライン派ですけども、いつも同じ人に頼むようにすれば、自分の好みにあった的確なプランを薦めてもらえるようにもなりますし、そういう考え方もアリですよ。(転勤されたら困るけどね。)

前へ

フィリピンの魚の干物。サプ・サプSAP-SAP。

次へ

フォートラベルのクチコミキャンペーン延長!JALマイル!