旅行のサブバッグに鮮やかなリバーシブルショルダー。

ベルメゾンネットの新しいカタログが届きました。 ファッション雑誌を買わなくなって久しいですが、結構ベルメゾンのカタログって雑誌感覚でぺらぺらめくってしまうので、割と隅々まで読んでるほうかも。カタログにしては。
きのう届いたのは「わたしの着たい服」の夏号です。さいきん暖かくなってきて気分も財布もゆるみ気味のところにリゾートチックなファッションが目白押しで、なんか旅行用品そろえたくなりますね。 今回まず衝動買いしそうなのがリバーシブルショルダーバッグです。


リバーシブルショルダーバッグ

旅行の時って両手があくカバンが鉄則なんですけども、
そして両肩に均等に重さがかかるリュックが一番楽なんだけど、
それって平和な日本に限るんだよね。はっきりいって。

リュックに貴重品を何も入れないのならリュックでいいと思うんだけど、
やっぱりヨーロッパでもどこでも一番狙われるのが見えない背中で。
だから基本的にショルダーバッグを斜めがけするっていうのが定番です。
ただこれだど、重い物を入れると片方の肩に負担がかかるんだけど。

また硬い生地のバッグだと丈夫でいい反面、コンパクトさに欠ける。
薄手の生地は人混みでさくっと生地が切られちゃったりしたらいやなんだけど、
コートとかの下に隠せるメリットもあるんで、一長一短。
それと使わないときはたたんでメインのバッグに入れられるのもある。
日本でも海外でも旅行鞄は基本的にリュックなので、
(タウン使用でもおかしくないリュック手に入れたんで♪)
メインのバッグを使っているときにしまえるサブバッグが欲しかったんだよね。

私の友人は思い通りのバッグが売ってないからって自分で作ってましたけど。
うち、ミシンないからできないからな~それ。

このバッグはリバーシブルなんで気分で柄を変えられるのがいいです。
ただ、リバーシブルな分、ポケットとかがなさそう。
バッグの中の仕分けに別のものが必要ですね。バッグインバッグとか。

色違いでかっちゃおかな~っていうお値段なのもひかれる。
それにこれ、丸洗いできるよね。絶対。
旅行ってバッグ汚すから、洗えるカバンっていうのも重要です。
お買い物した後にもいろいろ入りそうな大きさも魅力的だし。

問題は5000円以上買わないと送料がかかることだな。

今から注文してゴールデンウィークまでに届くかな~。

あとは旅行用にはすこしごついんだけど、いいなと思うのがベティスミス。


ショルダーバッグ

使わないときは折りたたんでメインバッグに入れるっていうのはちょっとしにくいんだけど、ベティスミスがなんか好きなので、欲しくなる。
ただ、ベティスミスなのに中国製なんだ。っていうのがちょっとね。

なんとなくこういうブランドはメイドインジャパンってところで買うので、
中国製だったらブランドがなくてもいいやっていう感じがする。
ブランドにお金払うんだから。

こういう全国区(というか中国とかでも展開してるようですが。)で
数を売るためには日本製にこだわってられないんだろうな。
その分、値段も下がると言えば下がるんだけど。

前へ

台湾でお屠蘇。でもどっぷりプユマ正月に浸った。

次へ

今日は清明。台湾で春捲の日・・・かな?