あと3週間でバンコクツアー!H.I.S.でツアーは初めてです。

海外旅行はエイチ・アイ・エス」と「旅行のクチコミサイト フォートラベル」、そして「タイ政府観光局」のコラボ企画の懸賞に当たってからはや3週間。H.I.S.の担当の方との調整も終わり、今は現地での行動計画を練りに練っております。
ここ数年の旅先はパッケージツアーで行く様な日本人にメジャーなところではなかったのもあり、海外格安航空券の検索・予約 専門のヤジキタや期限切れのマイルの消化のマイレージチケットばかりを使っておりました。なので久しぶりのパッケージツアー参加なのです。
そういえば前回パッケージツアーを使ったのもバンコクのフリーツアーでございました。

前回のパッケージツアーは友人たちを巻き込んでソンクラーンに行った時です。
(詳細はこちら>タイでソンクラーン2007.4.)
バンコクのみだったためパッケージツアーに乗っかった方がお得だったのですね。
あのとき手配したツアー会社はつぶれてしまいましたが、当時はシンガポール航空が週6便
シンガポールからバンコク経由で成田という飛行機を飛ばしていたのです。
だからシンガポール航空を使うツアーを利用して行ったのでした。
お土産や巡りなども全くなく、自由時間が多いのでありがたかったのですが、
だからつぶれてしまったのかもなぁとは思います。

今回は、海外旅行はエイチ・アイ・エスなので土産物屋には立ち寄るでしょう。
考えてみると私はバンコクは最低年に1回は訪れていますが、
パックツアーが連れて行く様な土産物屋に行ったことは未だにありません。
だからある意味、どんなところに連れて行かれるのかは楽しみです。
(でも何も買わないと思いますが。ごめん。)

ただ、これまで何十回とバンコクに行っていて、未だにオカマショーを見たことがないので、
ちょっと見てみたいなぁとは思っています。
直接アジアホテルに行くよりも旅行代理店でチケットを買った方が安いそうなので、
ガイドさんの収入になるように、これは頼んでみようかなとは思っています。
(まあ、連れが「行きたくない」と言えば却下ですけどもね。)

ところで、懸賞で当たったツアーなので、きっと往路は日本を夕方発で深夜バンコク着。
復路はバンコク深夜発日本早朝着の強行ツアーだと思ったのですよ。
そしたら、「3泊4日なので、日本は夕方発ですけど、帰りはバンコクを朝でます。」とおっしゃる。
それだけでもラッキーなのですが、「追加料金で午前発にできません?」と聞いたらば、
最初は7000円の追加料金がかかると言っていたのに、「担当に確認したら今回のタイアップは午前便の追加代金はうちが持つことになりました」と。
うわーー、言ってみるモンですねぇ。言わなきゃ夕方便になってたよ。
夕方便と午前便の違いは、晩ご飯をバンコクで食べられるかどうかなのです。
深夜着だとさすがに機内食が腹に溜まっていてバンコクの美味しいご飯を食べれないのですよ。

これで夕食を3回バンコクで食べられることになります。
一カ所はもう決めてあるので、あと2つ。考えないとな~。

出発日を土曜にしたので空港からの渋滞も少ないだろうし、スムーズに町中に入れるであろう。
もし連れに異論がなければ初日にアジアホテルのオカマショーを見て、
アジアホテルの向かいのレストラン街の南タイ料理屋に行こうかな。
そして、翌日はバンコク近郊のバンコクッ子の集まる観光地にでも行こうと思います。

帰国後は、フォートラベルに旅行記を書くのが優先ですが、
旅ナビのタイ/バンコク近郊のページに追記したいと思います。

あー、その前に、奄美のレポートも止まったままでしたね。
そういえば島旅にもカテゴリを増やしたんだった。いろいろあってわすれていました。
そのうちに思い出した様にちょこちょこと書いていきます。

フォートラベルのクチコミも増やして、JALマイル獲得にもはげもーっと。

JALパックとかのモニターとかもあたりませんかねぇ?
というか、あまり懸賞を見たことがないので応募したことがないのですが。
JALパックJTBのクオリティの高いツアーにも一度乗っかってみたい。
ただし、自由時間がないのはイヤなので遺跡巡りとかヨーロッパ巡りとかはイヤですが。
海外旅行はエイチ・アイ・エスもホテルのグレードを上げたりすることもできるのですが、
バンコクの場合、高級ホテルはチャオプラヤー川の周辺だったりして不便なのです。
どこに行くにもタクシーで移動しないといけないのはちょっと面倒です。
サヨナライツカ」で中山美穂が泊まっていたオリエンタルホテルとか。
タクシーをばんばん使っても抵抗がないお金持ちならよいのでしょうけども。

やっぱ、世界不思議発見!とかをみて応募するしかないのかな~。


前へ

国内船旅もいいもんだ~。鹿児島の味も堪能しました。

次へ

H.I.S.の海外支店ってどうなんでしょうねぇ・・・。