アメックスが来年3月末でトラベラーズチェック販売終了。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード
トラベラーズチェックと言えばかつて海外旅行で持ち歩くのが必須とされたものです。
日本語で訳すと「旅行小切手」というやつで、使っていない小切手をなくした場合は再発行できるので、特に高額な買い物をする人や長期間旅行をする人は活用していました。
また、両替手数料が現金よりもよかったりするのもポイントで、ガイドブックもT/Cの活用を推奨していた物です。近年はクレジットカードの普及と、新興国でもATMが増えたことで、クレジットカードのキャッシングが簡単にできるようになりました。クレジットカードもなくしたら再発行できますから、役割は同じような物ですし、カードに押されたみたいですね。なるほど。

かくいう私も最近は日本円や米ドルをそのまま両替するか、クレジットカードを利用することが増えました。
また旅行中に思いの外お金を使いすぎて、急に両替が必要になったりしたとき、
両替できる銀行や両替商を探すよりATMを探す方が早いからです。
そして、国やサービス会社にもよりますが、ATMの場合は引き出し額を調整しやすいので、
T/Cのように50ドル、100ドルといった単位でしか両替できない物は使いにくい。

手元にT/C残ってるんで、こんどの旅行で使っちゃおうかな。

もっと円が安かった時代に作った物なので、なんとなくそのまま持ってたんだけど、
もうあの頃くらいに円安にはさすがにならないだろうし、円高で両替したことを考えると
ゆってみれば「ナンピン」したのと似たような物ですから、もういい加減使おう・・・。

だんだん印刷が古くなっていくのも気になってはいたのですよ。

まあ、まだ新規発行を来年でやめるって言うだけなので、使うことはできますが、
最悪の場合は国内で換金しようと思います。

クレジットカードの場合、不正使用されたときの被害が尋常じゃないので、
海外であまり使わない人もいるとは思うのですけども、
そして、クレジットカードの発行元によってはplusとかのマークがついていても
キャッシングができない場合とかもあるんで万能ではないんですけども、仕方ないですね。

関連記事:アメックス>トラベラーズ・チェック販売終了のお知らせ

アメックスもこれからはT/Cではなくて、クレジットカードのサービスに力を入れるのでしょう。
ラウンジ利用など旅行好きにはありがたいサービスも行っているので、作ってみるのもいいですよ。
日本国内はJCBと提携しているお店で利用可能ですし。
デルタのスカイマイルと提携してるデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードもあるけど、日本在住ならANAアメリカン・エキスプレス・カードのほうがおすすめです。

アメリカン・エキスプレス

前へ

年末のインド旅行。ひとまず手配完了。

次へ

フォートラベルのポイントがいよいよANAマイルとも交換可能に!