皮蛋豆腐の家常菜。中華風白和えにするとうまい!

自作の皮蛋豆腐 この前、長春に行った時、みんなで食事をした後、さらに少人数で2次会に流れました。
というのも気温が上がる6月中旬頃から長春では、いろんなお店が店外にもテーブルを出し始めるんですよ。おしゃれにいうとオープンエアになるんです。
おなかいっぱい食べた後なので「ビールと何か簡単な物~。」というノリで頼んだのが皮蛋豆腐。出てきた時驚いたの。白和えみたいになってたから。
でもこれが豆腐と皮蛋バラバラで食べるよりうまいんです。

で、早速、日本に戻ってからも作ってみました。冒頭の写真は自家製です。
旅行中にとった写真と比べても見た目はそっくりでした。まー、そんなもんだろ。

中華料理やとかで前菜に頼むと、絹ごし豆腐が皿の真ん中にあって、
その上に綺麗にスライスした皮蛋が載っていたりします。
そして、だいたい醤油で食べさすのが普通だけどこれは塩味なんです。

塩とごま油のみ。

もしかしたら味の素を入れてたかもしんないけど、入っていたとしても気が付かない程度。

家で作ってみた時は、豆腐1丁、皮蛋1個、葱1/2本、パクチーひとつかみくらいで、
塩が小さじ1/2、ごま油大さじ1という割合にしましたが、東北で食べた味と同じ!
味の素いりません。っていうかあのお店は入ってなかったな。

皮蛋に塩分があるので塩はほんのちょっと入るだけでよいのです。
そのかわり、まんべんなく混ぜないとだめだけどね。

すこし薄味っていうくらいがちょうどいいです。
これにザーサイのみじん切りを加えたらなおうまかったろうなぁと思ってます。
ザーサイは塩分がキツイので、入れる場合は塩は必要ないかもしれません。

水を切った豆腐を崩して切った材料と調味料を混ぜるだけです。
美味しいので、是非、やってみてください。(世界の食べ物>皮蛋豆腐にも掲載しました。)
皮蛋は中華街とか通販で手に入れてみて。
豆腐はやっすい充填豆腐とかでもうまいですよ。

前へ

また得体の知れないものを・・・。漢方食材「鹿茸片」。

次へ

特典航空券で台湾旅行決定!