ロクジョウ(鹿の角)つかった漢方酒の途中経過。

鹿の角と朝鮮人参のお酒漢方食材:鹿茸片、朝鮮人参、クコで漢方酒。
 ↑ こちらの記事で書いた漢方酒の途中経過です。
先日、朝鮮人参とクコを追加してからだいたい一ヶ月が経ちました。
瓶を除いてみたらクコの色がしみ出してだいぶ赤見を帯びています。
香りはやっぱり朝鮮人参がキツイかな~。一口舐めたらにっがにが。
やっぱり砂糖を入れないと飲めたもんじゃありません。いやはや。

しかし、恐らくこの容器は二リットルのものなのですが、
その容器に鹿の角と朝鮮人参とクコをいれてあるわけです。
それにホワイトリカーを一升(1.8L)が入っているため、砂糖を入れる余裕がない。

結局、氷砂糖をわしづかみにして四杯くらいいれたかなぁ?
容積にすると100mlくらいしか余裕がなかったと思うんですね。
また数ヶ月後に味を見てみて、それでもえぐえぐだったら少し飲んで減らします。

氷砂糖と蜂蜜だったらどちらが良かったですかね。
飲む時にハチミツ垂らしたりして試してみます。
やっぱ朝鮮人参が加わると一気に薬っぽい味になります。
良薬クチに苦しで、飲んだら健康になるといいなぁ。
(漢方なんだから、そんな即効性あるわけない。)


こんな商品もあります。朝鮮人参のハチミツ漬けです。
これをヨーグルトとかに垂らして食べるのだったら毎日いけそうですね。

前へ

青森の味噌:パラミソとミソチャップ。どんなんだ。

次へ

バルセロナ大聖堂の女神像:この指と~まれ!