台湾のおいしいミニ定食。魯肉飯と魚団子汁で昼食?

魯肉飯と魚丸湯 台湾は一人旅でも気軽に食事ができる軽食のお店がいっぱいあります。 日本ではご飯に何かのせる丼物はそれこそでかい丼にどーんとのった物ばかりですが、 台湾ではご飯茶碗の上にちょこんと何かをのせたミニ丼があり、 なんか家でご飯にすこーしだけカレーをちょいがけしたみたいな感じでうれしいのです。
それにスープと茹でた青菜などを加えれば簡単な定食。一人旅の味方みたいなもんです。

湯青菜 茹でレタス こいつは湯青菜。そのまんま茹でた青菜という意味ですが、 青菜の種類はお店にその日入った物です。 このお店は茹でレタスが出てきました。
大きな店で青菜炒めなどを頼むと「青菜は何にする?」と種類を聞かれたりしますが、軽食やさんだと一種類しかないことが多く、何が出てくるかはわかりません。(聞けばいいだけですけど。語学力がないので。)

鵝肉飯 ガチョウご飯 全体 こちらは鵝肉飯。ガチョウご飯です。
ガチョウのローストを切った物と漬け物が添えられてます。
カモ、ガチョウのローストを出すお店でいただきました。

蛤湯 はまぐりスープ
そして、そういう野鳥?を出すお店では汁も鴨などを切り分けたときの 骨からだしをとっているのでは?という味わいの汁がでる。
蛤汁なんだけど、貝のだしだけでなく獣の味がしました。
ご飯に汁というのは、日本のみそ汁と同じでペアなのかも。

花枝羹 するめいかのとろみスープ こちらは台北にあるいかのとろみスープが名物のお店の するめいかのとろみスープです。
このとろみスープの場合は、スープの中に麺を入れてもらうこともできますが、 別注文でたいてい肉そぼろご飯があります。
そういえば、こういう軽食やで白飯ってあったかな? あるのかもしれないけど、今まで気づいてないですね。

と、似たような物をあちこちで食べていると、世界の食べ物
新しく紹介するほどでもないものが出てきてしまったので、ここでつぶやいてみました。

日本の丼物もおいしいんだけど、ご飯が多すぎたり、具が山盛りをウリにしてたり、
食べ過ぎてしまう傾向があるので、台湾みたいに最初から小丼もいいよなぁと思います。
日本でご飯茶碗くらいの量の小丼というと飲み屋やラーメンやくらいしか見ませんね。

しかし、今回もまた台湾で目方を増やして帰国してしまいました。
出国前に体重を落としたのがだいなしです。

前へ

チャイナっぽい刺繍のシューズを自分土産に購入。

次へ

台湾で買った麺線を牡蠣麺線にして食べてみた。