美味しいシウマイ、崎陽軒。テレビに釣られて買っちゃった。

崎陽軒のシウマイ 8月下旬頃だろうか?このごろネタに詰まってきた感がある秘密のケンミンショーを見ていたら、神奈川県を特集していました。神奈川県といっても横濱とか東部の方ばっかりでなんだか面白くもなんともない特集だったのですが、その時に崎陽軒のシウマイが出てきたんですね。
「あんなに食卓で山盛りにして食べないよ!」と演出の大げささにつっこみを入れつつも、無性に食べたくなり、直後にバンコク旅行が決まっていたのもあり、成田空港までいく成田エクスプレスで食べてしまいました。テレビの力ってやっぱすげえ。私と同じ思いになった人は神奈川中に沢山いたでしょう。

崎陽軒のシウマイ 袋 これは横浜駅に着いたところで、すぐに売店で購入した。
うちの家族など、毎日横浜経由で帰宅するので買う機会はごまんとあるが、 やっぱり、自宅でシウマイを皿に山盛りにして食べるのではなくって、 私にとっては旅行の時に食べるものなのです。
早速ネットで検索して駅の売店の開店時間を確かめてしまいました。
だって、旅行の時って朝早いですから。

崎陽軒のシウマイのパッケージ シウマイのパッケージです。シウマイ弁当ではなくシウマイ。
朝っぱらからシウマイを列車で食べるのであった。

関係ありませんが、以前、東京国際フォーラムでイベントをやった時、 スタッフ用の弁当の中に崎陽軒の弁当もありました。
ただし、東京国際フォーラム仕様だったので、シウマイ弁当ではありません。 シウマイも入っているオリジナルな弁当だった。
まあ、東京国際フォーラムでイベントに主催者として参加しないと 見ること無いとおもいますが。
結構、うまかった記憶あります。(私が弁当選んだのよ。)

崎陽軒のシウマイ 箱 シウマイの箱です。なんか歴史を感じるパッケージです。
横濱のしゅうまいは別に崎陽軒だけじゃないんですけども、
崎陽軒だけが突出してメジャーになりましたね。

崎陽軒のシウマイ 箱を開けたところです。シウマイがぎっしりです。
(しつこいようですが、朝ご飯です。(笑))

機内食でこういう味を出せば喜ばれる様な気もするけども。
そういえば機内食でシウマイってみたことないですね。
暖めると皮がべろべろになっちゃうのかな~?

崎陽軒のシウマイ に辛子をのっける。 一つ一つのシウマイにグリーンピースみたいに練りからしを絞り出しております。
こうするとそのまま醤油につけてぱくりと食べるだけでいいということらしい。

昼過ぎの飛行機なので、機内食まで5時間くらいあったから、そういう意味ではちょうどいいのですが、連れはあさからちびりちびりとやりながらこれつまんでいました。
私はシウマイをすこし頂きながらお茶飲んでおりました。
さて、次に崎陽軒のシウマイを食べるのはいつになるかなぁ。

買おうと思えば、家の近所でも買えるんですけど、やっぱ行楽でないと買わないのです。
ご飯を作るのがめんどうで、出来合のものを買って帰ろう・・・と思う時でも、
崎陽軒の前は素通りしてしまうんですよ。なぜか。普通のお総菜に行ってしまう。

ちなみに昨今の工場見学ブームもあってか、崎陽軒の工場見学は激戦です。
3ヶ月前の1日から予約開始なのですが、電話がまったく繋がらないのです。
ビール工場の様に大人数を受け入れてくれないので、競争率が激しくなるのであった。
いつか行きたいなぁと思ってます。

昔、コンサートチケットを取るのに1時間以上電話かけまくったときを思い出しました。

前へ

レ・トワール・デュ・ソレイユのデザインがステキなバッグ。

次へ

リーボックのイージートーン。食べ歩きの旅の味方!