中級ユーラシア料理店 元祖日の丸軒

先日、中級ユーラシア料理「日の丸軒」に行ってきました。 知人から「前から気になってるんだけどどう?」という誘いがあって足を運んだのです。 カメラを持っていかなかったのであれですが、思ったよりも普通だった。というのも、いろんなブログで、「店主のアンドレが怪しい!」とか、「接客がむかついて二度と行きません!」とか、普通の飲食店では書かれないようなコメントが書かれていたからです。

行ってみると、確かに店の入り口は怪しい。
二階にあがる階段はなぜか2カ所もあり、あがったらあがったで、 船を模した内装と照明の暗さが沈没船の様で、独特の雰囲気を醸し出している。

予約もなしにいったので、アンドレ氏はとまどったらしく
「予約のひとじゃない?あ、じゃあベンチに座って待っていてください」
「こっちの人と一緒じゃない?」
となんども確認したり、どもったりをしつつ、どうにかベンチに座って待ってみる。

いよいよアナザーワールドに突入かぁ?と思ったら、愛想のいいてきぱきとした女性が席を作り、案内をしてくれ、結局、接客のほとんどはこの女性がしてくれた。
この日はアンドレ氏は厨房で料理を作っていた。

3人だったので、コース料理を頼み、あとは適当に料理を追加して、ワインを1本とギネス、ソフトドリンクで、一人約6000円でした。

料理はとにかく何でもありな店だったので、何を頼んでいいのかわからなくなってコース料理にした感じです。
(中華、タイ、ベトナム、インド、モロッコ、エジプト、イタリア等々の料理名が・・・)
ターメイヤとか久しぶりで懐かしい味でした。

「世界中を旅して、気に入った料理を出しているのかなぁ?」
「いや、自分が作れる料理を出しているんでしょ」
果たしてどっちが正しいのか?

ちなみにアンドレ氏とは最後にお皿を片づけに来てくれたときと、帰りに「またお願いします」と声をかけてくれたとき、最初と合わせて3回会話をしました。
会話のテンポが遅くて、すこし変わっている人と言えば変わっていると思いましたが、他の方のレポートの様に、取り皿をくれないこともなかったし、問題なく食事できました。

ただ、ワインとか結構高かったです。安いワインをおいてなかった。
(平均4000円前後。たまに2700円のワインもあったけど)
中級ユーラシア料理というだけに、ユーラシア大陸のワインだけをそろえていたのかもしれません(ワインリストをくまなく見た訳じゃないのでわかりませんが)

「あの味がまた食べたい!」とリピーターになるようなお店ではありませんが、地方の友人が出てきたときなど、連れて行って見せたいですねぇ。
なかなか他にはない雰囲気のお店でした。

でも、店名だけ見ると、ラーメンやさんかなにかみたいですよね。

前へ

上海料理 三和楼 タイの中華風刺身が絶品!

次へ

トランジットで久々の台湾。ナゾの日台カップルと出会う。