なんちゃって駿河丼。由比の生桜エビ購入~。

由比 桜エビとしらす 乗っけごはん 4月の初旬、青春18きっぷの余りがあったので静岡まで日帰りで行ってきました。そのときに購入した桜エビとしらすをようやく食べました。
春は桜エビ漁の解禁で生きたままの桜エビを買うこともできるのですが(ただし、土日は漁をやってないので平日のみ)、電車ですからせいぜい冷凍物です。
でも取れたてを急速冷凍した物なので、これをご飯に乗っけただけでもうまい!
半氷のところをご飯にのっけて溶かしながら食べた感じです。

由比 桜エビとしらす これが購入したパッケージです。しらすは神奈川でも取れるのでたまにスーパーに売ってますが、桜エビはさすがに乾燥した物ばかりです。
だから2回に分けて大事に大事に食べました。
現地で食べてもいいけど、現地で食べると1人前1500円とかするから、 そういう意味では買って帰って食べるとお得感がある。

ちなみに普段、うちのご飯は玄米なので、こういうのは白米だろ!と 白米を1キロだけ買ってきました。 購入してみた白米は山形のつやひめです。

あきたこまちとかばっかりたべてたんだけど、つや姫もおいしくて、
「このご飯、冷めてもおいしい!」と家族は気に入ってるんで、
次ぎに白米が必要になったらまたつや姫買ってみます。

TPPがどうのとかいろいろ言われてるけど負けるな日本の米!
ちょっと前に西友か何かで中国産米の販売を開始するってやってたけど、 売れてるんですかね?
私、西友が近くにないので、よくわかりませんし、
うちの近所じゃ外国産米を売っているお店はないですよ。

西友ってウォルマートの子会社になっちゃってるけども、
テスコもカルフールも日本じゃうまくいかなかったし、 どうなるんでしょうかね。
TPPを強力に推し進めている米国企業の筆頭みたいだけど。

由比に話は戻りますが、由比は高速でぶーーっと通り過ぎるだけで、
下りたのは初めてだったんですね。
いつも高速から港を見下ろしてたんだけど、そして桜エビしかイメージなかったんだけど、宿場町だったんですね。
町の作りが宿場町の名残が残っていて、へぇ~っていう感じでした。

わたしが行った時期は18きっぷの時期だったんで、
同じように旅している感じの方が結構おられましたよ。
春の風物詩ってかんじでした。

前へ

テレ東たけしの日本のミカタ。旅についてやってましたね。

次へ

旅用に撥水ポンチョ購入。ザックの上からかぶれます。