東北応援都内巡り:八重洲の福島ショップと名産品紹介。

福島の酒と岩手のせんべい汁
丸の内に用事があり、銀座、有楽町、東京近辺のアンテナショップ巡りをしてきました。
ウチの胃袋と冷蔵庫では大量の食材を備蓄できないので少ししか買えませんでしたが、 今は近所の食料品売り場などでも北関東・東北応援フェアをやっているので、生ものはそちらで手に入れます。今日は福島のショップをまず紹介します。

昨日は関東でもかなり大きくて長い余震があったけど、宮城県沖では震度6強だったとのこと。
正直、「もう大きいのはないだろう。」根拠のない思いこみがあった。反省・・・。
原発周りの異常はなかったようなので、それだけが救いです。

冒頭の写真は福島県会津の生酒 鬼生(オニナマ)です。
東京駅八重洲口から徒歩3分くらいのところにある福島県八重洲観光交流館で買いました。
ちなみに鬼生をいただいているおちょこはとってもお世話になっている人からいただいた物。
我が家で大事に使ってます。(福島県出身の方です。)

▼福島県八重洲観光交流館
福島県八重洲観光交流館入口
福島県八重洲観光交流館の入口です。
八重洲ブックセンターのお隣(南側)のビルの1階で、
周りがオフィスビルばかりなので割と目立ちます。
東京駅の八重洲口は東日本方面へのバスの発着所があるので
この辺りに不慣れな人でもわかりやすい立地です。
おなじみのままどおるやかんのやの家伝ゆべしなど
福島の有名菓子を大量に抱え込んだOLさんもいました。
オフィスのお茶菓子としてみんなで食べるのかもしんない。

同じ八重洲でも東京駅の八重洲地下街にある鹿児島のアンテナショップは人が少なかったのに対し、この福島のアンテナショップはお客さんがとぎれることなく訪れていました。
店内にレジはひとつしかないのに、お客さんは常に5,6人並んでいて、店員さんが休めない状態。
小さい店内で3人の店員さんがフル稼働で働いておられました。

見ていてとても驚いたのはお客さんの行動です。
ほとんどの人が少しでも福島の力になりたいという気持ちで訪れているので、募金しない人は余りいない。
しかも、財布の小銭をざらっとひっくり返したり、1万円札を取り出して入れる人が何人もいました。

先日、鎌倉にお参りに行った際に銭洗弁財天でお清めした小銭はここで入れました。
鶴ヶ丘八幡宮、銭洗弁財天と大銀杏に東日本震災からの復興を念入りにお願いしてきたところです。
願いが福島に届きますように!

東京駅の駅中ショップのおにぎり
アンテナショップの後、東京駅構内のおにぎり店にフラリと入りました。
なんと使用してる米は「会津産コシヒカリ」。その偶然が嬉しかった。
今年は福島の農家さんが田植えを断念するという話もちらほら聞きます。
放射性物質の飛来よりも風評被害で作っても売れないことが心配だそう。
それこそ日本中の耕作放棄地を利用して作れないのかなぁ?
土や登記などいろいろ問題はあろうかとは思いますが。

福島の茶菓子などいくつか紹介。
福島のアンテナショップで買った物しそっ葉まきとみそぱんみそぱんを割った物

この日、アンテナショップで私が買った物は左の写真。麦せんべい、きなこ、鬼生です。
鬼生は購入日の晩酌ですが、あとは日持ちする物という観点でセレクト。
しそっ葉巻きとみそぱんは福島で買った時にとった写真だけど、アンテナショップでも売ってました。
しそッ葉巻きは、くるみやごまなどが入った味噌をシソで巻いて揚げ、串刺しにしたもの。
お茶菓子でも酒のつまみでもどちらでも合いますよ。

その他、ドライトマトとか漬け物とか薄皮饅頭とか様々な福島の名産品をおいてあります。
店内が狭いのでスペースの関係で、各地方バランス良く選んでおいてる感じがしました。
福島といえば桃やなしなどの果物も有名ですが、さすがに今は季節ではないのでありません。
その代わり、果物の加工品、ゼリーなどもありましたよ。お好みでいろいろ選んでください。

今回の震災で直接の被害があったところは東電、政府の保証(すなわち我々の税金)がありますけども、間接的な被害のところはなかなか難しいと思うんです。二次被害、三次被害は日本中に広がっていきます。

それこそ外国人にしてみると、原発=日本という認識になるので全く関係のない地方でも影響があります。
日本人でも日本の隅々の地方自治体まで細かく把握している人なんて少ない。
ましてや日本に興味などない外国人にとっては、福島だろうと九州だろうとひとくくりに「日本」です。
音が似てるから福島、福岡、福井を勘違いしてる人もいると思うし。

だって、私がこの前行ったインドネシアのバンダ島なんて日本人で知ってる人なんて少ないでしょ?
有名なのはジャカルタ、バリくらいで、あとはせいぜいマナド、バンダアチェくらいではないですか?
バンダアチェは津波で有名になったけどそれまでは知らない人多かったんじゃないかなぁ。

今回のことは福島県や東北の沿岸地域だけの問題だけでなくて、ぜーったいにどんどん広がっていきます。
だからせめて日本人だけでも風評に惑わされたりしないようにしないと大変なことになると思うんです。
被害の規模があまりに大きすぎて、風評なんかに惑わされてる場合じゃないって気がします。
二次被害、三次被害が少しでも抑えられますように!

東京 八重洲の桜
東京八重洲の街路樹の桜。東京の桜はもうすぐ満開です。
やっぱり桜を見ると気分が和むのは日本人です。

外国では日本人が日本から逃げ出さないことを頭がおかしいみたいにいうメディアもあるようですが、仮に日本が今それだけ深刻な状況だったとしても、 そこまでして自分だけ生き残ったとしても嬉しくとも何ともないと思うんだけどね。

避難されている方が、早く故郷に、早く自宅に戻れますように。

前へ

1枚のくそガキの写真からベリーズの思い出走馬燈。

次へ

たびnavi.の管理人日記を独立させました。