プライオリティ・パスはクレジットカード付帯がお得。

この前羽田発着のNHのツアーとチケットの案内が来たばかりなのにまたもやCHINTAI TRAVEL SERVICEからメールがきた。今度は中国のツアーの案内とロス・ニューヨークのチケット。3日間のホテル付ツアーが30000円。アメリカのチケットが3万円台・・・。オフシーズンは安いなぁ。
ところで、その案内の下の方にプライオリティ・パスが載っていました。ここんところプライオリティ・パスが宣伝活動をよくしておられますが、
CHINTAI TRAVEL SERVICEもプライオリティ・パスと提携したようで、初年度年会費が10%オフなんですって。でも、初年度だけで、しかも年会費だけが10%オフでもねぇ。

プライオリティ・パスっていうのは、世界中の空港ラウンジを利用できる会員サービスで
これを提示するとビジネスクラスやファーストクラスのチケット購入者以外でもラウンジを利用できるのです。
だから昨今の不況で出張の航空券がエコノミーになってしまったビジネスマンが
ラウンジだけでも利用するとか、そういう使い方はできるのかもしれません。

ただ、ゴールドカード以上のクレジットカードのサービスに付帯していることもあるので、
だったらクレジットカード付帯のサービスを利用した方がお得だと思います。

プライオリティ・パスの年会費とクレジットカードの年会費があまり変わらないからです。
クレジットカードの場合、海外旅行傷害保険とか別のサービスも付帯しますし。

例えば楽天プレミアムカードがその一つ。

私は楽天カードは持っていたんですが、プレミアムカードにアップグレードする意味は
いまいちわかってなかったんです。

通常カードよりお買い物ポイントが増えるならともかくとしてそれもないし。

でも、このカードってプライオリティパスを無料で発行して貰えるんですね。
しかもゴールドカードの年会費10,500円だけで、年に何度でも追加料金なしで使えるプレステージ会員です。

他のクレジットカードだとプラチナカード以上に付帯するサービスなのが一般的なので
ゴールドカードの年会費でこれが付帯するのは結構いいサービスなんですね。
楽天ポイントの付与率を上げることよりもステイタスをあげているカードだったんだなぁ。

なるほど。

でもあたしの楽天カードはJCBなので、JCBって海外で使いにくいから困ります。
あのころってJCBブランドのカードを持ってなかったのでJCBで作っちゃったんです。
いったん退会してVISAで作りなおすのはめんどくさいし。2枚はもてないでしょうしね。

前へ

南インドから戻りました。超楽しんだ♪

次へ

上海蟹の季節ですね~。ってことで香港の蟹です。