大連はいま、さくらんぼの季節です。

旅順のさくらんぼ売り 先日、大連に到着したときから道端のあちこちでさくらんぼを売っているのを見かけました。 天秤棒にさくらんぼの籠を吊り下げて売っている人から、道に大々的に店を開いている人まで様々。
色が真っ赤でアメリカンチェリーのような種類のさくらんぼ。金額は500グラムで10元と明示されていました。化粧箱に入れてもらってお土産に購入していく人もちらほら。家族へのお土産でしょうか?

旅順のさくらんぼ売り2 写真は旅順のマーケットのさくらんぼ売りです。いまどきはみんな電子はかりを利用してます。
ガイドいわく、旅順のさくらんぼは酸味が強く、黄色とオレンジが混ざったような色なんだそうです。
山形の佐藤錦のような見た目です。

縦長の写真のほうは手前が旅順の純正種?のさくらんぼ。
奥の半分は赤いさくらんぼを扱っています。
強烈にすっぱいわけではありませんが、甘酸っぱいというと甘さが足りない。
そういう品種でした。

ちなみに大連の空港では真っ赤なアメリカンチェリーのような 見た目のさくらんぼのほうしか置いていません。
値段は1500グラムで380元でした。 (国内線のターミナルの売店です。)

ただ、空港にあったものは粒が大きくて美しかったので高いのもあると思います。
道端だと味見ができるけど、空港だと完全パックされてるからな~。

大連の空港にはさくらんぼを下げた中国の人たちがたくさんいました。
旅行土産か帰省土産かわかりませんが、今の季節のお土産にはさくらんぼみたいです。

前へ

中国の航空会社は国内線でも機内食がでます。

次へ

中国の職人技。高層ビル作業に釘付け。こえ~。