台湾の豊年祭、大猟祭などの動画編集してupしました。

台湾 原住民族豊年祭のナイスカップル 昨年末にノートパソコンのHDDを交換してさくさく動くようになったのもあり、 ようやくPremiere Elementsをインストールしました。昔、アドビのイベントに参加して貰ったんですよ。現在は既に10の様ですが、私が持ってるのは4です。ええ?そんなに古かったっけ?まあパソコンも古いのでちょうど良いといえばちょうど良い。
それで去年の夏の旅辺りから試しにデジカメで動画を撮っていたのをyou tubeにまんまupしてみたのですが、今回、初めて画像を繋げたり余計なことをカットしたりという簡単な作業をやってみました。今時のIT事情に驚いてます。簡単なものですねぇ。


動画ははまり始めるとけっこう面倒そうなので避けていましたが、案の定です。
やっぱり編集し始めると、静止画では撮っていても動画にはなっていない物が気になる。
細切れ過ぎてストーリーが成り立たないのです。

豊年祭の場合、踊りを見たり、運動会に参加しただけなので雰囲気が伝わればよいのだけども、 今回の大猟祭はプユマ族の民族としてのしきたりなどの裏に隠れたストーリーが一杯で、 でも動画にしたのは最初の入場のとこくらいで後は呑んだり食べたりに夢中だったなと。
だから入場という地味なとこと、踊り意外は静止画しかないんですね。
その辺りはまたそのうち書きますけども。


また試しに撮った花東公路のレトロな古い列車についてもホームにはいるところや
列車の先頭座席からの景色があったりはするのですが、肝心の内装は静止画です。
興味がある人には「中はどうなってるんだよ!」って思うと思いまして、
やっぱりその辺りは動画に慣れてないというか、まーためしなので。


カメラだけでなくビデオまで撮り始めるとホントに旅が忙しくてしょうがなくなるので、
私はやらない!と決めているので、これ以上は深入りしないようにしなければ。

結婚式の一部映像についてはプライベートなことなのでyou tubeにはアップしませんが、 結構画期的な出来事だったので、台湾のテレビ局が取材に訪れていて、 そういうプロの撮った映像がyou tubeに流れていたりします。
それをリンクしてもいいかどうかはご本人に確認してからにしますね。

あ、ちなみにプレミアエレメンツは「.mov」形式のファイルに対応していなかったので、
ネットで無料の変換ソフトを探し出してメディアプレーヤー形式に変換してから編集しました。
結構、そのあたりはめんどくさかったです。

前へ

N' EXクーポンでお得に成田に行く。

次へ

大腸包小腸のお店で食べた油条包小腸。