タイのたばこのパッケージのグロイ!たばこは健康を害します。

私の家族は男連中がみんなたばこを吸います。一時期禁煙してたりもしましたが、ニコチン中毒には勝てないようで、結局みんな吸っている。ただ、まあスゴイヘビーって言うほどでもなくて、 タールの量が少ない物を選んだりはしているようだが、やめることはできないみたい。 だから結局、海外旅行に行くと必ず帰国の時に土産としてタバコを買ってきます。

増税や震災の品薄で大騒ぎの国産たばこですが「成田でも品薄?」と免税店を覗いてみたら見事な品揃え。 「これはやっぱり日本のメンツの問題でしょう」とは友人談。
まあね。空港の免税店に物が並んでなかったら「日本ヤバイ!」って外国人の不安感に拍車を かけますものね。こりゃ海外の免税店でも並んでるだろな。帰りにどこかでタバコを土産に買ってかえろ~。って気楽な感じだったんですが、在庫は確かにあったんだけどあまりの衝撃に 買って帰ることができませんでした・・・。コワイ。怖すぎます。タバコ。

今回航空券の都合でいろんな空港を経由して帰ってきたんです。
だから旅先のインドネシアではなく、経由地の空港でタバコを買おうと思ったの。
その経由地のタイで恐れおののいたのがタバコのパッケージです。

例えば白を基調に黒い文字と★マークでデザインされたセブンスター。
その箱の下半分になにやら写真が入っていて、よくある観光名所の写真かと思ったの。
国によってはお土産っぽくその国のシンボルを箱にいれてたりするからね。

ところがタバコの健康被害を強調するためのリアルすぎる写真

ヤニだらけの汚いすきっ歯のアップ、真っ黒な肺、壊疽した足など、
日本ではなかなか公共広告にも使われないようなエグイ病気の写真が満載!
「吸い過ぎは体に毒です。」っていうJTの軽い表示とは全く違って、
どのように毒かがリアリティをもって伝わる広告なのです。

ニコチン中毒になっている人にとっては効果はないかもしれないけども、
(恐らく買った後に箱を詰め替えてすうだろう。)
新たにタバコを吸おうとする人、特に子供の喫煙はへるかもしれません。
そのくらい、どぎついんです。

私の場合は子供の頃からぜんそく持ちで吸おうとも思ったことは一度もなくて、
さらに大人になってから何かの記事でタバコを吸っていると内臓が弱くなるので
口臭がきつくなるということを聞き、ますます吸いたくはなくなりました。
でもこの写真はそれ以上のインパクトだなぁ。

タイはだめだしマレーシアで買うかと思ったらマレーシアも同じ。
タイの場合は1カートンの箱に8種類くらいの写真が印刷されていましたが、
マレーシアは同じ写真がどあっぷで使われていて、余計にキツイです。いやいや。
しかも外箱だけでなくて中身も印刷されているみたいで土産としては却下しました。

インドネシアでは普通のパッケージだったんですけどね~。

さきほど調べてみたら、やっぱりネット上で話題になっていました。
これらのたばこの害を訴える警告を発しているのは
ヨーロッパ、ブラジル、カナダ、シンガポール、タイなど結構いっぱいあるようです。

ヨーロッパのパッケージは警告度はきついけども写真はちょっと穏やかなものを使っています。
見たいかたはリンク先のページを見てください。

軽い感じで見たいかたはこちらのスレッド。
海外のタバコのパッケージ画像を載せまくって日本のタバコのパッケージの控えめさを糾弾するスレ

結構深刻なグロイのまで直視したいかたは、こちらのページ
世界のたばこの警告表示

日本の場合、つくづく税収としてのたばこが重要なんだなぁと思います。
喫煙者がタバコの税金が上がるたびに「禁煙する」っていうけどできない人のが多いから、
それがわかってるから簡単に税金を上げたりしてるしなぁ。

テレビ局もスポンサーのJTを意識しまくりなのであんまり番組でいえないですよね。

今回、東京の水に放射性物質が検出されたことで大パニックになってましたけど、
タバコによる肺ガンのリスクとかも同じくらい騒がれないのは変じゃないですか?
放射性物質にしてもタバコにしても学校の授業できちんと教わってきてないし、
こういうことは物理や保健体育できちんと教えるべきことですね。
そして、今更学校に行けない大人は自分で学ばねばと思います。

ところで今回の旅先のインドネシアは日本に比べてずっと喫煙天国な感じでした。

喫煙者も多いし、たばこは重要な産業のひとつなんでしょう。
だから日本と同じで、パッケージにグロイ写真を使ってませんでした。
堂々と公道でタバコ吸ってる子供見た時はさすがにたまげましたが。

ロンボク島はそれこそたばこのお陰で財をなしたとみられる大きなおうちが
内陸の山の田舎にあるので、まさに葉っぱ御殿!でした。
バンダの丁字(クローブ)とロンボクのタバコが一緒になってインドネシアで吸われてんのかなぁ?何て思ったりしてました。(インドネシアはクローブタバコが一般的。)

JTもたばこはマナーを守って吸いましょう!とゆったり、各地でクリーンイベントをやったり、
女性向けのカワイイパッケージのたばこを売ったりイメージアップ作戦に忙しいですが、
だんだん世界中でたばこが売れなくなって苦労しそうですね。

まー、まだまだタバコを沢山消費する国はありますけどね。特にアジアは。

前へ

ロンボク島から帰国。東日本大地震の反応のことなど。

次へ

中国南方航空の国内線手配。正規運賃にするかなやみどころ。