台湾では沖縄黒糖を使ったサチマが人気。

サチマ 台湾菓子 この前台湾に行った時、土産のひとつとして沙琪瑪(サチマ)を買いました。
サチマは小麦で作ったうどんのような太さの麺のようなものを四角く整形して油で揚げた菓子に蜜などがしみ込ませてあり、さっくりと柔らかく、油と蜜がじゅわっと広がる素朴菓子です。
なんだか止らなくなる癖になる駄菓子で、 中国や台湾では大人気。必ず売ってます。

ファミリーマートの沖縄黒糖サチマ ほんでもって台湾ではこのサチマの黒糖味が人気です。
右の写真はファミリーマートのサチマです。
金ぴかのパッケージに入っているので土産にしてもいいかんじ。
黒糖のコクのある甘さがサチマの素朴な味にぴったり。
これはいける!

台湾でもサトウキビは栽培しているので沖縄黒糖でなくても いいのでは?なんて思っちゃいますけども、 台湾の砂糖と味が違うのか、ブランドなのかよくわかりません。
そう言えばパン屋のチーズケーキも「北海道のチーズ使用」ってありました。
日本製品を使ってくださるのは嬉しい限りです。

前に中国旅行をした時、飛行場で見た中国人の女性が、
カートの上に大量のサチマを乗せているのをみたことがあります。
恐らく私と同じ日本行きに搭乗したのだとおもうんですけども、
日本では売ってるけど輸入品だから高くなります。
だから帰省した時に大量にかいこんだんだろな~。

割と甘味も強いし、油っぽい感じの物もあるので苦手な人もいるとは思いますが、
私は結構好き。
日本茶や紅茶よりも、中国茶のお茶請けがやっぱりぴったりです。

前へ

か、かわいすぎる。"福"盛りだくさんの中国製逆輸入「招き猫」。

次へ

台東夜市でみかけたユニークな台湾風いかめし。