福島土産の桃シャーベット。やっぱり桃うまい。

福島の桃シャーベットをすくったところ この前、ウチの家族が福島に出張で行ってきました。
がんばろう福島全開だったそうです。
福島の夏の味覚といえば桃ですが、その桃の加工品など おみやげ物にいただきました。
福島の桃は高級品だからねぇ。こいつわシャーベットです。
規格外だけど美味しい桃を加工品に回すんだろな。

福島の桃シャーベット 桃のシャーベットといっても実際に売られているのはシャーベットではありません。
桃をゲル状にした液体を瓶に詰めた物です。
こいつを冷凍庫で凍らすとシャーベットが楽しめますし、
これを桃のビューレとしてババロア作ったりして
お菓子の材料に使ってください!とも書いてあります。
シロートが生の桃でお菓子作るのって大変です。
これは便利!

福島の桃シャーベット2 紙のラベルをぴろぴろぴろと開けたところ。
以外と量があります。
ジャムよりもさらさらとしている桃のピューレって感じです。

福島の桃シャーベットを凍らした 1日凍らして蓋をあけてみました。
かちんかちんのシャーベットのできあがりです。
加工の段階で工夫してあるんだと思いますが、 桃の成分がしたに沈んだりしてないみたいで、 均等に固まっている感じがする。

福島の桃シャーベットをすくったところ かりかりかりっとスプーンでこそげると割と簡単にシャーベットがすくえました。
桃のシャーベットです。(当たり前。)
アイスクリームと一緒に皿に盛って盛り合わせにしたり、 ケーキに添えたりするとおしゃれ~です。
シャーベットだけを一人で一気食いするのは無理ですね。
280gは結構な量です。



福島の食品をなるべく買おう!と思っても現実には近所では売ってないので
(この夏も桃くらいしか見なかった。)
だからこういう加工品を買おうかなぁって思います。
シャーベットシリーズは桃の他にラフランスとりんごがあるみたいですね。

10月1日からハワイアンズも再開するし、今年中に福島にもいこ~って思ってます。
いつ行くかはいまいろいろ調べ中。

しかし、今年の日本はとことん自然に嫌われてます。またのろのろ台風。
紀伊半島がとってもしんぱいです。青森のリンゴも落ちちゃってるし・・・。
がんばろう福島!もそうなんだけど、ほんとにがんばろうニッポン!です。
日本人はびっくりするくらい節電だ~!ってがんばれるパワーがあるのだから、
日本製品も日本人が積極的に買って経済回すしかないですね。
そして、はやいとこ政府も輸出調整してほしいです。もう9月だよ!

中国とか輸入制限をしているのは一部の都道府県のみなのに、
書類のひな形が両国間で調整出来ないから輸出出来ない状態なんですと。
そういうのを聞くとホントにがっくりくるというか、ボランティアいるならよんでくれ!って感じ。
BSEの時とかも、アメリカの酪農家がこんな風にこまってたんでしょね。

福島のかりんとまんじゅう こちらは同じく土産にもらったカリンとまんじゅうです。
最近、まんじゅうをあげたかりんとうまんじゅうが流行っていますが、 これって登録商標とかないんだろうか???
先日、横浜のデパートで買ったかりんとうまんじゅうは カリカリと香ばしかったけど、これはしっとりしてました。
こがし蜜をたっぷり吸わせた生地を揚げたそうで、
こがし蜜の香ばしさが黒かりんとうみたいでした。

ただ、油で揚げるとせっかくローカロリーの和菓子が高カロになるので、
それはいいんかなぁ?って思います。一時のブームっていう気がする。
いつまで流行るんですかね。かりんとうまんじゅうは。

前へ

中国土産のキャビアを開けてみた。

次へ

中国製煮込み調味料「水煮魚」で煮魚スープ。