青森の家庭の味「たれ」で簡単おいしい炒め物。

2010年に神奈川県の厚木で行われたB1グランプリの時、「十和田バラ焼き」という店が出店していました。バラ焼きは青森の十和田周辺でポピュラーなものなのだそうです。見た目、単なる焼き肉っていうか、野菜炒めみたいなんであまり気にとめてなかったんですけども。
また青森県民の家庭には必ず「たれ」という調味料があるというのをみて興味を持っていました。
2011年の夏休みは八甲田にある酸ヶ湯温泉に湯治にいき、そのとき見つけたのが上北農産のスタミナ源たれシリーズと、バラ焼きのたれ。バラ焼きの方はともかく、この上北農産のスタミナ源たれシリーズの塩だれにはまってしまった。野菜炒めがおいしくなります。

青森の焼き肉のたれ 家庭の味で野菜炒め こちらは酸ヶ湯で買ったオーソドックスなタイプのたれです。
普通の焼き肉のたれみたいな味を想像していたのですが、甘い。
野菜をたっぷり入れたから、野菜の甘みが存分にでてさらに甘い。 うーん、私はこれは好みではないかも。

これは最もポピュラーな味らしく、エンドにでんと山積み。
安売りで198円で売られていたが、これはかなり格安だった模様です。
これが温泉だと山の上価格で480円しました。
青森のスーパーで食材を探しているとき、気がつかなかったのだ。

塩だれの味の野菜炒め こちらは近所のイオンに買い物に行ったとき購入した塩だれ。
なんか被災地応援フェアということで東北の食材が山積みでした。
オーソドックス味もあったけど、今回は塩味を購入。
これがうまい!!
畑からとってきた空芯菜の炒め物の味付けに使ったのですが、
中華風の空芯菜炒めって、ニンニクとスープと塩胡椒で味付けますけど、 うまく、その味になっています。
ニンニクスライスしたりスープ準備したりしなくていいのでよいです。
「よし、また買いだめしにいこう。」と心に誓いました。日持ちするのでストックしておけます。
(もしかしたらエバラとかの塩だれも同じような感じかもですが、量も多くて安かったの。)

酸ヶ湯温泉の自炊用食材 こちらは酸ヶ湯に湯治に行ったときに麓で購入した食材いろいろ。
右下のパックの肉は青森の市場の店で購入。
たれにつけ込んだ牛バラ肉のパックで、スライスした玉葱と一緒に炒めるだけ。 (玉葱の代わりにキャベツを使いましたが。)

このバラ焼きもやっぱりあまかったなあ。なんかこの味、どっかで食べた気がするのだが。
焼き肉というよりすき焼きに近いような甘い醤油味です。青森の人は甘い味が好きなのですね。

さて、今日はイオンに塩だれの追加ストックかいにいこーっと。(なくなってたらどうしよう。)
空芯菜もまだまだ畑で増殖しておりますし・・・。

前へ

鰺ヶ沢でイカ焼き。「わさお」も会いました。

次へ

豚足の醤油煮込み。台湾と江南で味も意味も違う。