旅ナビ-インド・南アジア
ホーム > インド(グジャラート編) > 旅のプロローグ。ビザがあるとついインドにまた行く。

旅のプロローグ。ビザがあるとついインドにまた行く。

ニューデリーのうさぎのゴミ箱
ニューデリーで見たうさぎ。
瞳孔開いてるって・・・。
「ICでチケットとってもいいですか?大至急、連絡してください」

一体、何のことだろう?この前年のインド旅行で知り合った知人の連絡に慌ててインドに電話をかけた。

実はこの1週間ほど前、私はタイからインドのチケットのOKが出ないとぼやいていた。

「年末の旅行はとりあえずタイまで行って、そこから何処に行くかはそのうち決めよう。」

のんきに構えていたらインドどころかめぼしい国に行くチケットがことごとく満席になってしまった。

「インドのビザの有効期限がまだあるからさ、インドに行こうと思ったけど無理かもね。」

その気楽な台詞に気を利かせて、こちらに確認もせず航空会社に直接プッシュをかけた知人。
インドはコネと賄賂の社会なのは初めてのインド旅行でも経験済みで、こういうのは当たり前の世界だ。

「ICに知り合いがいるからね。席を取って貰うよ。予約しちゃっていい?」

しかし、この時、ICのバンコク-デリー線は火・金のみの運行。しかも早朝の便で使い勝手がよくない。
加えて、評判も今ひとつだし。出来ればタイ航空とか全日空がいいんだけど。
このころは大手航空会社の間でようやくe-ticketが普及し始めた時代で、当然ながら サービスが悪いと悪評高いインディアンエアラインにイーチケットなんて望めるわけもない。

「わかった。とりあえずなんとか自分で手配して行くから。」

チケットが取れたらインドに行こうくらいで、とれなきゃタイをぶらぶらして帰ってくるつもりだった。
が、ここまでされたらインドに行かねばならん感じ。
仕方ないのでバンコクで旅行会社に飛び込み、デリー行きのチケットを手配することにした。

なじみの旅行代理店で空席状況を確認すると、インド便で席があるのはシンガポール航空のみ。
それもシンガポールのチャンギ空港でのトランジットにえらい時間がかかる。

「あのー、急なことですが、今日の全日空はないですか?」

この当時、全日空は成田からバンコク経由でデリーまで飛行機を飛ばしていたのだ。
(今は直行便飛んでますけどね。日本人ビジネスにインドに行くようになったから。)

「帰りはありますけど、行きはエコノミーは満席ですね。」
「じゃあ、行きはビジネス、帰りはエコノミーっていう席設定は?」
「デリー線であったかなぁ・・・。」


そうつぶやきながら貴ボードをたたき出すスタッフ。
バンコク発着だとこういう変則的な格安航空券の設定があることもあるのです。

「あ、ありました!じゃあ、すぐ発券しますね」

発券してもらったチケットをもぎ取ると、宿に戻って急ぎチェックアウト。
髪を振り乱し、汗だくでチェックインカウンターに走り込んだモノの、今日の行き先はエコノミーじゃなくてビジネスだった。 分不相応で恥ずかしい限りである。

せっかくのビジネスラウンジも使う余裕すらなく、ギリギリで飛行機に搭乗したら、座席はガラガラ。
担当のスッチーの所作にもかなり余裕が感じられた。

「おしぼりでございます・・・」
「あ・・・。」

目があったスッチーは昨日の成田-バンコク間のエコノミークラスのフライトで担当だった人だった。
一晩バンコクで過ごし、翌日のフライトに搭乗するシフトなんてあるんだなぁと相手の顔を伺う。
向こうもこちらの顔を覚えていたのか、なんだか表情が一瞬こわばったのを見逃さなかったよ。私は。

と、こんな風にばたばたでインド行きを決めたのが今回の旅でした。
マルチビザなにももったいないなぁという貧乏人根性からの発想の旅だったが、
夏に引き続いて冬もなんて、他人から見たら単なるインドフリークなんでしょうね。

でも、帰ってきた今だからいえるけど、冬のインドは私には厳しかったな~。
せめて南インドだったら楽だった。今更だけど。