旅ナビ-インド・南アジア
ホーム > サイトマップ

サイトマップ

記事一覧

旅の基礎知識・豆知識
  1. インドの列車のチケット・切符の手配について
  2. デリーin6回目。シバの祭り好きなデリーの客引きとの攻防。
  3. ネパールの山にないものは高い!物価感覚の狂いと停電に注意。
  4. アンナプルナ地域のTIMSチェックポイントはどこにあるか。
  5. ネパールトレッキング:アティティツアーズでTIMSとアンナプルナ保護区入域証取得。
  6. インドビザの日付印間違ってますけど!その上手書き修正・・・。
  7. 相変わらずワルはワル。デリーの客引きと旅人の攻防。
  8. 第9話 リコンファームとアンダーザテーブル。 [デリー]
インド・南アジアの移動・交通手段
  1. インドの列車のチケット・切符の手配について
  2. インドの田舎のハイウェイ恐ろしや。サールナート経由でラージギルへ。
  3. ローカル列車でオルチャからカジュラホ。冬の1時間遅れは堪える。
  4. インド・ラジダニエクスプレスの車内食。10年前とほぼ同じ。
  5. カトマンズへはトヨタハイエースで快適に。バスよりミニバンがおすすめ。
  6. ゴルカへのバス案内で小銭を稼ぐ男たちを考える。
  7. ポカラからジョムソン。空路で行くか、陸路で行くか。
  8. ネパール国内線の薦め。山も眼下の村も美しや。
  9. 道路事情がよいパキスタン。早い、安い、綺麗なバスでも時には不快。
  10. パキスタンは山から下りるも一苦労。飛行機飛ばないから車で。
  11. ラホールからアムリトサル。パキスタン・インドを列車で国境越え。
  12. 車掌も密かにワル。袖の下で出発時間ギリギリに列車に駆け込み乗車。
  13. デリーで観光タクシーチャーター。ドライバーは相変わらずいい加減。
  14. インドで列車の切符がとれなーい!切符の買い方指南(裏技)
  15. シヴァの祭りでメインバザールに行けない旅人。
  16. 本当にでたインドの痴漢はネパール人旅行者とインド人ドライバー。
機内食・機内サービス
  1. インド国内線。ジェットエアウェイズでデリーからレーへ。近距離でも軽食が出ます。
  2. 久々のインドはJALの直行便。機内食は行きはおいしいです。
  3. タイ国際航空もインド線はカレー。金時豆のカレーって微妙。
  4. タイ国際航空HND-BKK-KTM:機内食また味落ちた?
  5. のっけから驚愕のインディアンエア。大変賑やかなフライトです。
  6. 相変わらずスリランカ航空の機内食は和食だった。
インド・南アジアの宿泊
  1. ラダックの宿事情:ジグギャスゲストハウスと高級ホテルについて
  2. インドの宿泊事情
  3. ネパールの宿泊事情
インド黄金街道・聖地巡り編
  1. 旅の最後はコルカタで。物価だけはかなり上がってる印象。
  2. ブッダガヤで見たインド。宗教と教育と経済格差。
  3. 仏教の聖地ラージギルもインド人には楽しいテーマパーク。
  4. インドの田舎のハイウェイ恐ろしや。サールナート経由でラージギルへ。
  5. バラナシ旧市街散歩。ガンジス川、城、凧にガヤ行きバス探し。
  6. ダシャシュワメードガートのプージャーと聖地で派手に騒ぐ若者と。
  7. 元旦はヒンドゥの聖地バラナシ。しつこい客引きにぶち切れ。
  8. インド旅でも日本のお正月気分。お屠蘇と黒豆、お雑煮に栗きんとん。
  9. 世界遺産カジュラホ。のんびりしてて食べ物もまずまず。
  10. ローカル列車でオルチャからカジュラホ。冬の1時間遅れは堪える。
  11. ベトワ川のほとりの古都オルチャ。静かな観光地です。
  12. オルチャの玄関ジャンシーへ一気に移動。動物園の猿と化す。
  13. デリーin6回目。シバの祭り好きなデリーの客引きとの攻防。
  14. インド・ラジダニエクスプレスの車内食。10年前とほぼ同じ。
  15. インド黄金街道個人旅行 2013年12月~2014年1月
インド シッキム・ダージリン編
  1. インド人の夏休みは5月!寝台列車は超がさがさ騒がしい。
  2. コルカタ空港は客引きもマイルド。空港から町まであっさり行けます。
  3. のっけから驚愕のインディアンエア。大変賑やかなフライトです。
  4. インド個人旅行(シッキム) 2004年4月~5月
インド(スピティ編)
  1. インド個人旅行(スピティ他) 2000年7月~8月
  2. 初インド一人旅はエアインディアでけだるい彼との出会いから。
  3. シヴァの祭りでメインバザールに行けない旅人。
  4. インドの国民的スポーツはクリケットとカバディ。
  5. 山に行く目的は人それぞれ。チベット世界とクスリの世界。
  6. 本当にでたインドの痴漢はネパール人旅行者とインド人ドライバー。
  7. バスはレーに向かって断崖絶壁をゆく。ヒマラヤです。
  8. 自己主張もほどほどに。行き先を巡ってわがまま外人大論戦。
  9. キーロン経由でマナリに逆戻り。道連れがいて楽しめたけど。
  10. カリフォルニアガールと売れないイギリス俳優と供にスピティへ。
  11. インドの祭りのテント村は、風呂なし、メシなし、恥もなし。
  12. スピティの名ゴンパ。ラルン、ダンカール、タボのゴンパ巡り。
  13. ダライラマ法王の説法。「幸せのオーラで世界が平和になるのだ!」
  14. テント村の大道芸人と手作りミサンガ。関西男子の心意気。
  15. 英国調で温泉地みたいな避暑地シムラでじじいのナンパに逃げ惑う。
  16. またナンパから逃亡も、それでもわんだふるアムリトサル!
  17. わんだふるアムリトサル!人なつっこい人々にもらった思い出。
  18. チェアカーでデリーへ。旅人との接触が急激に増える。
  19. クリシュナー・プレイス。マトゥラーはクリシュナ神の生誕地。
  20. デリーに戻って初のインド映画鑑賞。そしてお土産お買い物。
  21. ナメてんのか!エアインディア!エンジントラブルで飛行不能。
  22. ナメてんのか!エアインディア!そしてエピローグへ。
インド(グジャラート編)
  1. インド個人旅行(グジャラート) 2000年12月
  2. 旅のプロローグ。ビザがあるとついインドにまた行く。
  3. 冬のデリーはなんだか胡散臭い。(ごめん)
  4. アマダバードは埃と排ガスとノイズにまみれた町でした。
  5. やり手ばばあはどこにでもいる。ディーヴは手強い。
  6. 彼女が水着に着替えたら?[ディーヴ]
  7. インドは広くて大きい!言語の違いは方言より難解!
  8. ジュナーガルで酒なしでしっとりしたジミ~な年越し。
  9. ローカル列車でゴトゴトと。ジャイナ教の聖地パリタナへ。
  10. ローカルバスでゴトゴトたび(アマダバード、バローダ)
  11. インドで列車の切符がとれなーい!切符の買い方指南(裏技)
  12. グジャラートの旅から帰国。グジャラートを地震が襲った。
インド(酷暑の南編)
  1. インド個人旅行(デカン高原) 1999年4月
  2. 酷暑も何のそので南インドへ。南の主要都市マドラスから始まり。
  3. 寝台列車でハイダラバードへ。酷暑期は2等で充分。
  4. 中級ホテルのバルコニーからインドの町をのぞき見る。
  5. 強者どもが夢の跡。ゴールコンダフォートはよかったです。
  6. 酷暑の湖畔でだらだらと。すっかり怪しい外人と化す。
  7. バンガロールでは珍しい。むかっぱらたつりきしゃーまん。
  8. デカン高原の避暑地マイソール。マハラジャパレスも美しい。
  9. 列車でトラブル。ウェイティングリストってゆってよ!
  10. そして、マハーバリでりぞっちゃに失敗する。
  11. エピローグ:マドラスからムンバイ経由で帰国の徒に。
インド 国境越えてフンザ編
  1. インド・パキスタン(フンザ)個人旅行 2001年7月~8月
  2. 相変わらずワルはワル。デリーの客引きと旅人の攻防。
  3. やっぱりアムリトサルが好き。ゴージャス美人もいるし。
  4. インド(アタリ)・パキスタン(ラホール)国境。役人にも思うところがある。
  5. 道路事情がよいパキスタン。早い、安い、綺麗なバスでも時には不快。
  6. イスラム国家初散歩。町を歩けば、男にあたる。[ラワルピンディ]
  7. フンザで日本人嫁獲得大作戦?[ラワルピンディ-ギルギット]
  8. 旅、此即ち学習。体験で身につくことっていろいろある。
  9. フンザで風の谷のナウシカごっこ。オタクぱわーすごい。
  10. ギルギットでジープチャーター。フンザドライブのすすめ。
  11. 旅の恥は掻き捨てならぬ。山に行く日本人もいろいろいる。
  12. カリマバードコシオサンの気まぐれスープと謎のシェフ。
  13. パキスタンは山から下りるも一苦労。飛行機飛ばないから車で。
  14. ラホールおそるべし。泥棒宿でなくても泥棒宿になり得る環境が怖い。
  15. ラホールからアムリトサル。パキスタン・インドを列車で国境越え。
  16. 車掌も密かにワル。袖の下で出発時間ギリギリに列車に駆け込み乗車。
  17. デリーで観光タクシーチャーター。ドライバーは相変わらずいい加減。
  18. やっぱアグラの街はうざい!客引きがしつこい。
  19. バラナシで素敵なリキシャワラとの出会いと旧市街観光と。
  20. アーユルヴェーダで禿を治そう!象牙の灰から作った薬が効く。
  21. 知人から預かった荷物がもめ事の原因。ドラッグ?だって本だよ。
インド(定番観光地編)
  1. インド・スリランカ個人旅行 1997年2-3月
  2. 初めてのインド旅行記:インドはやっぱりインドだった
  3. 第1話 街を歩けば、果てしなくだまされ続ける [コロンボ]
  4. 第2話 どきどきインド入国:気負いすぎで迷惑かけまくり。 [デリー]
  5. 第3話 なぜか成り行きチャーター車で観光ツアー [デリー]
  6. 第4話 感謝「金鳥の夏」!軽率な行動は控えるべし。
  7. 第5話 この旅は「レズカップルの旅」ということで。
  8. 第6話 壮大な墓。タージマハールと寝台列車の話。 [アグラ]
  9. 第7話 バラナシの日の出と物売る子とのやりとり。 [バラナシ]
  10. 第8話 暴動予告と外出禁止令。カルチャーショック受けまくり。 [バラナシ]
  11. 第9話 リコンファームとアンダーザテーブル。 [デリー]
  12. 第10話 カシミーリー宅にホームステイ。 [デリー]
  13. 第11話 Mr.A 行方不明につき [コロンボ]
  14. 第12話 バスに揺られてポロンナルワ。そして帰国。 [ポロンナルワ]
ネパール・ジョムソン街道
  1. 都市開発でせわしなくなったカトマンズ。これからどう変わるのかな。
  2. カトマンズへはトヨタハイエースで快適に。バスよりミニバンがおすすめ。
  3. ゴルカへのバス案内で小銭を稼ぐ男たちを考える。
  4. ネワール文化の趣残るバンディプルだが、ゴミの多さに辟易。
  5. ジョムソンで航空券を購入してひとっ飛び。さらばアンナプルナ。
  6. ネパールの山にないものは高い!物価感覚の狂いと停電に注意。
  7. アンナプルナ地域のTIMSチェックポイントはどこにあるか。
  8. 桃源郷カグベニは良くも悪くも生まれ変わりつつある。
  9. 神様がおられる聖地は空気が薄い!高山病にご注意を。
  10. ジョムソンから乗り合いジープでムクティナート。聖地巡礼も手軽な時代。
  11. ジョムソン街道トレック。マルファからトゥクチェは初心者も楽。
  12. アンナプルナのリンゴ香る美しき村。マルファ。
  13. 毎日アンナプルナの大パノラマ!ジョムソン拠点は大正解!
  14. ポカラからジョムソン。空路で行くか、陸路で行くか。
  15. 10年ぶりにポカラに一泊。すっかり変わったなぁ。
  16. ネパール国内線の薦め。山も眼下の村も美しや。
  17. ネパールトレッキング:アティティツアーズでTIMSとアンナプルナ保護区入域証取得。
  18. ネパール・アンナプルナ個人旅行 2013年4~5月
デリー
  1. デリーin6回目。シバの祭り好きなデリーの客引きとの攻防。
  2. 相変わらずワルはワル。デリーの客引きと旅人の攻防。
  3. 冬のデリーはなんだか胡散臭い。(ごめん)
  4. シヴァの祭りでメインバザールに行けない旅人。
  5. インドの国民的スポーツはクリケットとカバディ。
  6. 山に行く目的は人それぞれ。チベット世界とクスリの世界。
  7. チェアカーでデリーへ。旅人との接触が急激に増える。
  8. デリーに戻って初のインド映画鑑賞。そしてお土産お買い物。
  9. 第2話 どきどきインド入国:気負いすぎで迷惑かけまくり。 [デリー]
  10. 第3話 なぜか成り行きチャーター車で観光ツアー [デリー]
  11. 第10話 カシミーリー宅にホームステイ。 [デリー]
パンジャブ
  1. やっぱりアムリトサルが好き。ゴージャス美人もいるし。
  2. インド(アタリ)・パキスタン(ラホール)国境。役人にも思うところがある。
  3. またナンパから逃亡も、それでもわんだふるアムリトサル!
  4. わんだふるアムリトサル!人なつっこい人々にもらった思い出。
ジャンムー・カシミール
  1. インド(ジャンムー・カシミール)個人旅行 2018年9月
ヒマーチャル・プラデーシュ
  1. バスはレーに向かって断崖絶壁をゆく。ヒマラヤです。
  2. 自己主張もほどほどに。行き先を巡ってわがまま外人大論戦。
  3. キーロン経由でマナリに逆戻り。道連れがいて楽しめたけど。
  4. カリフォルニアガールと売れないイギリス俳優と供にスピティへ。
  5. 英国調で温泉地みたいな避暑地シムラでじじいのナンパに逃げ惑う。
マディヤ・プラデーシュ
  1. 世界遺産カジュラホ。のんびりしてて食べ物もまずまず。
  2. ローカル列車でオルチャからカジュラホ。冬の1時間遅れは堪える。
  3. ベトワ川のほとりの古都オルチャ。静かな観光地です。
ウッタル・プラデーシュ
  1. オルチャの玄関ジャンシーへ一気に移動。動物園の猿と化す。
  2. やっぱアグラの街はうざい!客引きがしつこい。
  3. クリシュナー・プレイス。マトゥラーはクリシュナ神の生誕地。
  4. 第6話 壮大な墓。タージマハールと寝台列車の話。 [アグラ]
ビハール
  1. ブッダガヤで見たインド。宗教と教育と経済格差。
  2. 仏教の聖地ラージギルもインド人には楽しいテーマパーク。
ベンガル
グジャラート
  1. アマダバードは埃と排ガスとノイズにまみれた町でした。
  2. 彼女が水着に着替えたら?[ディーヴ]
  3. インドは広くて大きい!言語の違いは方言より難解!
  4. ジュナーガルで酒なしでしっとりしたジミ~な年越し。
  5. ローカル列車でゴトゴトと。ジャイナ教の聖地パリタナへ。
  6. ローカルバスでゴトゴトたび(アマダバード、バローダ)
  7. インドで列車の切符がとれなーい!切符の買い方指南(裏技)
タミル・ナードゥ
  1. 酷暑も何のそので南インドへ。南の主要都市マドラスから始まり。
カルナータカ
  1. バンガロールでは珍しい。むかっぱらたつりきしゃーまん。
  2. デカン高原の避暑地マイソール。マハラジャパレスも美しい。
テランガーナ
  1. 寝台列車でハイダラバードへ。酷暑期は2等で充分。
  2. 中級ホテルのバルコニーからインドの町をのぞき見る。
  3. 強者どもが夢の跡。ゴールコンダフォートはよかったです。
  4. 酷暑の湖畔でだらだらと。すっかり怪しい外人と化す。
スリランカ
  1. スリランカ:ニゴンボのホテルで洋風結婚式見学
  2. 第1話 街を歩けば、果てしなくだまされ続ける [コロンボ]
  3. 第11話 Mr.A 行方不明につき [コロンボ]
  4. 第12話 バスに揺られてポロンナルワ。そして帰国。 [ポロンナルワ]
パキスタン
  1. インド・パキスタン(フンザ)個人旅行 2001年7月~8月
  2. インド(アタリ)・パキスタン(ラホール)国境。役人にも思うところがある。
  3. 道路事情がよいパキスタン。早い、安い、綺麗なバスでも時には不快。
  4. フンザで日本人嫁獲得大作戦?[ラワルピンディ-ギルギット]
  5. フンザで風の谷のナウシカごっこ。オタクぱわーすごい。
  6. ギルギットでジープチャーター。フンザドライブのすすめ。
  7. 旅の恥は掻き捨てならぬ。山に行く日本人もいろいろいる。
  8. カリマバードコシオサンの気まぐれスープと謎のシェフ。
  9. パキスタンは山から下りるも一苦労。飛行機飛ばないから車で。
  10. ラホールおそるべし。泥棒宿でなくても泥棒宿になり得る環境が怖い。
  11. ラホールからアムリトサル。パキスタン・インドを列車で国境越え。
インド・南アジアの本
民族文化・祭・イベント
  1. インドの民族文化・宗教・お祭り
  2. スリランカ:ニゴンボのホテルで洋風結婚式見学
インド・南アジアで買う
  1. インド土産
  2. ネパール土産
インド・南アジアで食べる
インド・南アジア旅の履歴
  1. インド(ジャンムー・カシミール)個人旅行 2018年9月
  2. インド黄金街道個人旅行 2013年12月~2014年1月
  3. ネパール・アンナプルナ個人旅行 2013年4~5月
  4. インド(マハラシュートラ)・スリランカ個人旅行 2007年12月~2008年1月
  5. 南インド個人旅行 2007年8月
  6. スリランカ個人旅行 2005年12月~2006年1月
  7. インド個人旅行(ゴア、ハンピ) 2005年4月~5月
  8. インド個人旅行(ラダック) 2004年8月
  9. インド個人旅行(シッキム) 2004年4月~5月
  10. インド・パキスタン(フンザ)個人旅行 2001年7月~8月
  11. ネパール個人旅行 2001年4月
  12. インド個人旅行(グジャラート) 2000年12月
  13. インド個人旅行(スピティ他) 2000年7月~8月
  14. インド個人旅行(デカン高原) 1999年4月
  15. インド・スリランカ個人旅行 1997年2-3月

ページ一覧