旅ナビ-インド・南アジア
ホーム > ネパール・ジョムソン街道 > 毎日アンナプルナの大パノラマ!ジョムソン拠点は大正解!

毎日アンナプルナの大パノラマ!ジョムソン拠点は大正解!

ジョムソンの宿から見えるアンナプルナ山。
【宿から見えるアンナプルナ山。午前中は毎日雲一つなかった。】
ポカラからジョムソンまで、ローカルバスでどったんばったん揺られながらたどり着いたのは午後8時過ぎ。
窓から漏れる灯りを頼りに、手当たり次第に宿に飛び込むと、3件目でようやく空室を見つけた。
部屋は想像以上にきちんとしており、ポカラで泊まった宿よりずっと綺麗だし、設備も整っている。
これまでのバス料金が、麓から山へと標高が上がるに連れ、徐々に料金が高くなっていたので、
相当の物価高を覚悟していたのだが、むしろ安く感じるくらいだ。

早々に宿にチェックインすると、ダルバートで夕食。これがこの日初めてまともに食べる食事となった。

そして、翌朝のことである。窓にかかったカーテンの隙間から飛び込んできた景色にびっくり仰天。
目の前に雪をかぶった名峰アンナプルナがでーんと鎮座ましましていた。

「うわーー、すげーーー!!」

移動で疲労困憊していたのはどこへやら。思わずテラスの外に走り出た。
昨晩はジョムソンに入るかなり前に日が暮れてしまったため、バスの中から確認できたのは、
ヘッドライトの向こうにかすかに見える砂利道だけで、こんな場所に来ていたとは全く気づかなかった。
外国人がわざわざこんな山奥にトレッキングしにくるのはこういうのを見るためか。

とるもとりあえず飛び込んだ宿だったが、その大パノラマを窓から、外のテラスから堪能できる最も良い部屋で、
その後、この宿を起点に周辺の村を散策することになった。

ジョムソン空港の滑走路
空港の前の宿街。
村の中心部はさらに奥。
ちなみに当初はポカラからジョムソンまで一気に来るつもりはなかった。
この旅の計画過程で、この経路にバスが走っている情報はなかったため、
街道の途中の村で乗り合いジープを捕まえるのは難しかろうと判断した。

乗り合いジープを始発の村で捕まえ、トゥクチェ、マルファあたりで宿泊し、
そこからジョムソンまではザックを背負って歩くことを覚悟したのである。

しかし乗り合いジープがバスになり、トゥクチェで途中下車のつもりが
降りることができず、成り行きで終点のジョムソンまで来てしまった。
でも実は、これが最もよい結果をもたらした。

高地でもふくらまないプリッツとふくらんだたべっ子どうぶつ
日本から持ち込んだお菓子。
空気が薄くてもふくらまないのも。
あとでわかったことだが、トゥクチェやマルファは村の中心部が
街道沿いから離れており、日が暮れてからの宿探しは困難である。
勿論、街道沿いにも宿はあるのだが、圧倒的に雰囲気がいいのは村の中。
もしバスを途中下車していたら明かりを頼りに適当な宿に飛び込んでしまい、
あとで絶対に後悔していたハズだ。

また、トゥクチェからマルファ、マルファからジョムソンはそれぞれ徒歩で
1時間半程度の距離だけど、緩やかな上り坂が続くのに加え、
山から吹き荒れる風の強烈さはすさまじい。
体力作りをしていない素人が大きな荷物を背負って歩いたら、景色を楽しむ余裕はなかっただろう。

ジョムソンに泊まった3泊は、天気にも恵まれ、バスやジープをうまく使いながら周辺の村々を歩いて回った。
場所によっては道なき道なので多少ドキドキするが、日があるうちは人に会うのでなんとかなるし、
ガイドやポーターを雇わなくてもトレッキングは可能だと思う。

ただし、一人っきりで歩くのはよっぽど慣れた人以外はおすすめしません。

マルファ、トゥクチェやカグベニ、ムクティナートなどの散策の様子やTIMSチェックの情報などは
また次のページから順を追って報告します。

ジョムソンで泊まった宿

アルカ・マルコポーロ Rs.800

ジョムソンバス乗り場前。空港も目の前
ジョムソンのアルカマルコポーロの部屋
ジョムソンの空港地区のバス乗り場のすぐ隣にある宿。空港入り口も徒歩1分。 とっぷり日が暮れてからジョムソンにつき、とるもとりあえず開いている宿に飛び込んだのだが、翌朝部屋から窓の外を見てびっくりした。アンナプルナがどーんと窓の外にそびえ立っていた。
オーナーも世話好きでジョムソン周辺の情報をいろいろ教えてくれるので、おかげでムクティナートやカグベニにジープで行けたし、奥さんは料理上手だったので、レストランのご飯もおいしかった。
毛布などもきちんと備わっていたので寝袋も不要。快適な滞在でした。
(部屋の写真はうまくとれなかったけど、ベッド二つのツインです。)
アルカマルコポーロのテラスアルカマルコポーロの中庭アルカマルコポーロの正面入り口アルカマルコポーロのダルバート


▼ ネパールに行きたくなったら・・・物価の目安にどうぞ。

旅行時期:2013年4月~5月
1Rs.=約1.2円

■交通:タクシー レイクサイド-バスターミナル200ルピー、バス ポカラ-ベニ 220ルピー、
    バス ベニ-ガーサ 390ルピー、ガーサ-トゥクチェ 550ルピー(標高と共にバス代も上がる)
■その他:水 1L 20ルピー(ポカラ)、スナック菓子 10ルピー、ドーナツ 20ルピー

■羽田-カトマンズ航空券 経由便のみ。燃油サーチャージ込みで100,000円前後~。(参考:海外格安航空券の検索・予約 YAZIKITA)

カトマンズ行きは以前は日本からの直行便がありましたが、現在はなし。ソウル、バンコク、マレーシア、シンガポール、デリーなどを経由して行くことになります。経由地や乗り継ぎ時間、お好みでどうぞ。
安さだけを求めると乗り継ぎ時間が長かったりするので、いっそのこと経由地でトランジットやストップオーバーして、 経由地も楽しむ方法もあります。バンコク、シンガポールは空港から町まで列車ですぐですよ。

私はエイビーロードで金額をざっくり把握、アタリをを付け、個別の代理店に問い合わせます。


旅程を立てるために参考にした本

関連記事

都市開発でせわしなくなったカトマンズ。これからどう変わるのかな。

都市開発でせわしなくなったカトマンズ。これからどう変わるのかな。

カトマンズへはトヨタハイエースで快適に。バスよりミニバンがおすすめ。

カトマンズへはトヨタハイエースで快適に。バスよりミニバンがおすすめ。

ゴルカへのバス案内で小銭を稼ぐ男たちを考える。

ゴルカへのバス案内で小銭を稼ぐ男たちを考える。

ネワール文化の趣残るバンディプルだが、ゴミの多さに辟易。

ネワール文化の趣残るバンディプルだが、ゴミの多さに辟易。

ジョムソンで航空券を購入してひとっ飛び。さらばアンナプルナ。

ジョムソンで航空券を購入してひとっ飛び。さらばアンナプルナ。

ネパールの山にないものは高い!物価感覚の狂いと停電に注意。

ネパールの山にないものは高い!物価感覚の狂いと停電に注意。

アンナプルナ地域のTIMSチェックポイントはどこにあるか。

アンナプルナ地域のTIMSチェックポイントはどこにあるか。

桃源郷カグベニは良くも悪くも生まれ変わりつつある。

桃源郷カグベニは良くも悪くも生まれ変わりつつある。

神様がおられる聖地は空気が薄い!高山病にご注意を。

神様がおられる聖地は空気が薄い!高山病にご注意を。

ジョムソンから乗り合いジープでムクティナート。聖地巡礼も手軽な時代。

ジョムソンから乗り合いジープでムクティナート。聖地巡礼も手軽な時代。

ジョムソン街道トレック。マルファからトゥクチェは初心者も楽。

ジョムソン街道トレック。マルファからトゥクチェは初心者も楽。

アンナプルナのリンゴ香る美しき村。マルファ。

アンナプルナのリンゴ香る美しき村。マルファ。

毎日アンナプルナの大パノラマ!ジョムソン拠点は大正解!

毎日アンナプルナの大パノラマ!ジョムソン拠点は大正解!

ポカラからジョムソン。空路で行くか、陸路で行くか。

ポカラからジョムソン。空路で行くか、陸路で行くか。

10年ぶりにポカラに一泊。すっかり変わったなぁ。

10年ぶりにポカラに一泊。すっかり変わったなぁ。

ネパール国内線の薦め。山も眼下の村も美しや。

ネパール国内線の薦め。山も眼下の村も美しや。

ネパールトレッキング:アティティツアーズでTIMSとアンナプルナ保護区入域証取得。

ネパールトレッキング:アティティツアーズでTIMSとアンナプルナ保護区入域証取得。

ネパール・アンナプルナ個人旅行 2013年4~5月

ネパール・アンナプルナ個人旅行 2013年4~5月