旅ナビ-インド・南アジア
ホーム > ネパール・ジョムソン街道 > ジョムソンから乗り合いジープでムクティナート。聖地巡礼も手軽な時代。

ジョムソンから乗り合いジープでムクティナート。聖地巡礼も手軽な時代。

ジョムソン本村に綿橋。馬も自分で渡る。
【ジョムソンの本村に渡る橋。主人がいなくても自ら家に帰る馬】
「明日からはどこに行くの?トレッキングに来たんでしょ?」

問いかけるのはジョムソンの宿アルカ・マルコポーロの主である。
ジョムソンに入った初日、部屋に荷物を降ろすとすぐにあり合わせの夕食を準備してもらった。
ネパールのレストランですぐに食べられるものといえば、ダルバートである。

ダルバートというのは日本で言えば一汁三菜の食事ってところで、ご飯に数種類の野菜の煮物、
そして、スープが一つのプレートにのってでてくる。
つまり、宿の奥さんがあり合わせの材料で適当におかずを作ってくれたわけ。
ダルバートが目の前に運ばれてくると、宿の主人も夕食を取り始め、その傍らでこちらの動向を探り始めた。

「今日は一気にポカラから上ってきたからね、明日はマルファ当たりに行ってくるよ。」

「あさっては?」

「うーん。今は決めてないけど、まあ順番に陸路でポカラから下りていくとかかなぁ。」

トレッキングの営業を仕掛ける隙を伺ってると思い、曖昧に答えると、意外な言葉が返ってきた。

「せっかくジョムソンまで来たのにムクティナート行かないの?今はバスでも行けるのに。」

「え?歩かなくても行けるの?」

「行ける行ける。ムクティナートとカグベニまで日帰りできるよ。」

この彼の台詞が決めてとなり、ジョムソン滞在3日目はムクティナートを目指すことにした。

ジョムソン本村のジープ乗り場
ジョムソンのジープだまり。
ムクティナートはジョムソンから車で1.5時間ほど上ったところにある。
ヒンドゥ教の聖地の一つであり、ちょうどこの時期は巡礼シーズンである。

ジョムソンまでの道すがらでも、しばしばオレンジ色の装束を身にまとった
巡礼者ご一行様を見かけた。
ジープをチャーターした団体様に単独で徒歩で上る人。路線バスでも多くの信者と乗り合わせた。 多くはインドからやってきた人たちだ。
手に提げているビニール袋にはタミル文字が印刷されていたりして、 よくもまあはるばると南インドからこんな山奥までやってきたものだと関心してしまった。

5月のインドは1年で最も暑く、場所によっては摂氏40度を超える酷暑期だ。
巡礼と同時に暑さからも逃れられて有意義な夏の過ごし方である。

乗り合いジープの車内
乗り合いジープの車内。
3人席に4人座るのは基本。
話は戻って、ジョムソンからムクティナートまでの道のりである。
私が宿泊していたのはジョムソン空港の目の前にあるロッジで、
ここはいわばジョムソンのツーリストエリアである。
ジョムソンの本村はさらに奥に15分ほど歩いた先にあり、
ムクティナートまで行くためのジープやバスは本村からの出発になる。

TIMSカードとアンナプルナ地域の入域許可証のチェックを受けたあと、
しばらく歩くと、ベニ方面のバスターミナルにあたる。
このバスターミナルを超えて、川を渡ったことろが本村で、
そのはずれからがムクティナートやムスタン方面への道の始まりだ。

ジョムソンからムクティナートまでの車窓の眺め
ジープの車窓の眺め。
トレッキングが目的の方はここから歩くのだろうが、勿論、迷うことなくジープの切符を購入。
ポカラからここまで、山を上がるごとに上乗せされていくバス代にはハラハラしたものだが (私はいつも両替の見積もりが甘く、現地通貨が足りなくなる)、
さらに標高が上がる上に四駆のジープになって、平地の4倍の値段になった。(乗車時間は半分以下。)

しかし、同じTATA製でもこれまで乗ってきたバスとは乗り心地は雲泥の差で、
どんなに荷台にギュウギュウに詰め込まれても、体が宙に浮き上がることもおしりが痛くなることも全くなかった。

そして、走り続けること1時間半。ジープは1000mもの高さを一気に駆け上がりムクティナートに到着した。
歩けば6時間というが、たぶんそれは下りの場合で、上りだったら半日はゆうにかかることでしょう。

標高3800mをこえ、富士山よりも高い聖地ムクティナート。高山病のリスクもあるのでご留意を。

ジョムソンで泊まった宿

アルカ・マルコポーロ Rs.800

ジョムソンバス乗り場前。空港も目の前
ジョムソンのアルカマルコポーロの部屋
ジョムソンの空港地区のバス乗り場のすぐ隣にある宿。空港入り口も徒歩1分。 とっぷり日が暮れてからジョムソンにつき、とるもとりあえず開いている宿に飛び込んだのだが、翌朝部屋から窓の外を見てびっくりした。アンナプルナがどーんと窓の外にそびえ立っていた。
オーナーも世話好きでジョムソン周辺の情報をいろいろ教えてくれるので、おかげでムクティナートやカグベニにジープで行けたし、奥さんは料理上手だったので、レストランのご飯もおいしかった。
毛布などもきちんと備わっていたので寝袋も不要。快適な滞在でした。
(部屋の写真はうまくとれなかったけど、ベッド二つのツインです。)
アルカマルコポーロのテラスアルカマルコポーロの中庭アルカマルコポーロの正面入り口アルカマルコポーロのダルバート

▼ ネパールに行きたくなったら・・・物価の目安にどうぞ。

旅行時期:2013年4月~5月
1Rs.=約1.2円

■交通:ジープ ジョムソン-ムクティナート 710ルピー(ツーリスト価格)
■その他:TIMSカード 20ドル(旅行代理店取得が団体用だったので、タトパニで個人用を取り直し。)
     詳細は≫ネパールトレッキング:アティティツアーズでTIMSとアンナプルナ保護区入域証取得。
■宿泊:アルカ・マルコポーロ Rs.800

■羽田-カトマンズ航空券 経由便のみ。燃油サーチャージ込みで100,000円前後~。(参考:海外格安航空券の検索・予約 YAZIKITA)

カトマンズ行きは以前は日本からの直行便がありましたが、現在はなし。ソウル、バンコク、マレーシア、シンガポール、デリーなどを経由して行くことになります。経由地や乗り継ぎ時間、お好みでどうぞ。
安さだけを求めると乗り継ぎ時間が長かったりするので、いっそのこと経由地でトランジットやストップオーバーして、 経由地も楽しむ方法もあります。バンコク、シンガポールは空港から町まで列車ですぐですよ。

私はエイビーロードで金額をざっくり把握、アタリをを付け、個別の代理店に問い合わせます。


旅程を立てるために参考にした本

関連記事

都市開発でせわしなくなったカトマンズ。これからどう変わるのかな。

都市開発でせわしなくなったカトマンズ。これからどう変わるのかな。

カトマンズへはトヨタハイエースで快適に。バスよりミニバンがおすすめ。

カトマンズへはトヨタハイエースで快適に。バスよりミニバンがおすすめ。

ゴルカへのバス案内で小銭を稼ぐ男たちを考える。

ゴルカへのバス案内で小銭を稼ぐ男たちを考える。

ネワール文化の趣残るバンディプルだが、ゴミの多さに辟易。

ネワール文化の趣残るバンディプルだが、ゴミの多さに辟易。

ジョムソンで航空券を購入してひとっ飛び。さらばアンナプルナ。

ジョムソンで航空券を購入してひとっ飛び。さらばアンナプルナ。

ネパールの山にないものは高い!物価感覚の狂いと停電に注意。

ネパールの山にないものは高い!物価感覚の狂いと停電に注意。

アンナプルナ地域のTIMSチェックポイントはどこにあるか。

アンナプルナ地域のTIMSチェックポイントはどこにあるか。

桃源郷カグベニは良くも悪くも生まれ変わりつつある。

桃源郷カグベニは良くも悪くも生まれ変わりつつある。

神様がおられる聖地は空気が薄い!高山病にご注意を。

神様がおられる聖地は空気が薄い!高山病にご注意を。

ジョムソンから乗り合いジープでムクティナート。聖地巡礼も手軽な時代。

ジョムソンから乗り合いジープでムクティナート。聖地巡礼も手軽な時代。

ジョムソン街道トレック。マルファからトゥクチェは初心者も楽。

ジョムソン街道トレック。マルファからトゥクチェは初心者も楽。

アンナプルナのリンゴ香る美しき村。マルファ。

アンナプルナのリンゴ香る美しき村。マルファ。

毎日アンナプルナの大パノラマ!ジョムソン拠点は大正解!

毎日アンナプルナの大パノラマ!ジョムソン拠点は大正解!

ポカラからジョムソン。空路で行くか、陸路で行くか。

ポカラからジョムソン。空路で行くか、陸路で行くか。

10年ぶりにポカラに一泊。すっかり変わったなぁ。

10年ぶりにポカラに一泊。すっかり変わったなぁ。

ネパール国内線の薦め。山も眼下の村も美しや。

ネパール国内線の薦め。山も眼下の村も美しや。

ネパールトレッキング:アティティツアーズでTIMSとアンナプルナ保護区入域証取得。

ネパールトレッキング:アティティツアーズでTIMSとアンナプルナ保護区入域証取得。

ネパール・アンナプルナ個人旅行 2013年4~5月

ネパール・アンナプルナ個人旅行 2013年4~5月