旅ナビ-インド・南アジア
ホーム > デリー

デリー:記事一覧

デリーin6回目。シバの祭り好きなデリーの客引きとの攻防。

デリーin6回目。シバの祭り好きなデリーの客引きとの攻防。

【デリーメトロの看板:これができたおかげで旅行者は助かった。】 かつてはインド旅行で最もハードルが高いのは、インド入国直後に街まで出ることだった。 その後の旅行中でもお金を多めに払いすぎたり、騙されたりすることが全くないわけではないのだが、 そのあたりは他の国でも起こりえることだし、そういう…

相変わらずワルはワル。デリーの客引きと旅人の攻防。

相変わらずワルはワル。デリーの客引きと旅人の攻防。

独立記念日の準備。飾付け中 5度目のインドはデリーからの入国。パキスタンへの国境越えのため。 デリーでは相変わらず、パハールガンジに宿を定めた。 たまには南デリーに拠点を移し、ハウズカースやゴータムナガルなど、ニューリッチの住む界隈を覗いてみたい気もするが、 利便性を考えるとパハールガンジに…

冬のデリーはなんだか胡散臭い。(ごめん)

冬のデリーはなんだか胡散臭い。(ごめん)

バンコクカオサン通りの クリスマスライブ。 おっさんボーカル熱唱中。 西暦2000年。この年、インディラガンディー国際空港に降り立つのは一体何回目だろうか? 夏の旅でエアインディアの機体故障で何度も空港に戻されたお陰で、成田空港よりも細部が鮮明に思い出せる。 今回は全日空。久々の日系で、しかも…

シヴァの祭りでメインバザールに行けない旅人。

シヴァの祭りでメインバザールに行けない旅人。

【インドのタクシーといえばTATA。この型のもまだ走ってます。】 デリーのインディラガンディー空港に降り立った。 そう言えば、降機後にこんなに日本人がいっぱいいる状況は初めてだ。 前回はスリランカからのフライトだったから、まわりはスリランカ人やインド人ばかりだったのだ。 でも、意外と1人でいる…

インドの国民的スポーツはクリケットとカバディ。

インドの国民的スポーツはクリケットとカバディ。

インドは昔イギリスの支配下にあった。 その頃、イギリス人は自分たちの居住区とインド人の居住区をきっちり分けていたため、今でもその名残で街は二つに別れている。 昔のインド人居住区を旧市街、イギリス人居住区を新市街と呼ぶのが一般的。 現在は、新市街の方に綺麗なショッピング街や高層ビルなどが立ち並んでい…

山に行く目的は人それぞれ。チベット世界とクスリの世界。

山に行く目的は人それぞれ。チベット世界とクスリの世界。

1グラス50パイサの水屋台。 レモン+マサラで2ルピーだった。 通りがかりの公園でクリケットを思う存分堪能し、旧市街の観光名所をぐるっと回った。 デリー門を通りすぎ、ラージガート、ラールキラー、チャンドニーチョーク、ジャマーマスジットと、旧市街をぐるっと廻って宿に戻る。 ラージガートは、あの有…

チェアカーでデリーへ。旅人との接触が急激に増える。

チェアカーでデリーへ。旅人との接触が急激に増える。

【独立記念日前夜】 日本では終戦記念日の明日、インドは独立記念日。 メインバザールはいろんな屋台が出て異様な盛り上がり。 チェックインしたゲストハウスでは各部屋ごとに紙製のインド国旗を配ってた。 朝の6時にアムリトサルの巡礼宿グルラムダスサライを後にした。 最後の晩に同室だった白人のお兄さん…

デリーに戻って初のインド映画鑑賞。そしてお土産お買い物。

デリーに戻って初のインド映画鑑賞。そしてお土産お買い物。

マトゥラーからデリーに戻ったのは帰国の二日前。時間に余裕がある念願の映画を見ることにした。 特にインド映画マニアではないので自分で映画を選べないため、全てを人の意見に委ねる。 新聞で上映中の映画館を調べてもらい、Kさんオススメの映画「Har dil jo Pyar karega」を見ることにした。 …

第2話 どきどきインド入国:気負いすぎで迷惑かけまくり。 [デリー]

第2話 どきどきインド入国:気負いすぎで迷惑かけまくり。 [デリー]

夜中の2時頃、飛行機はデリーに到着した。スリランカより空港が広く感じるのは10億人が住む国ってことか。 私は漠然と「インドは怖い」と思っていた。夜中に着いたせいもあり空港だけで怪しく感じる。 しかし次にインドに行くことがあったら全然怖くないと思う。 「怖い」というのは単なる思いこみだったことがよ…

第3話 なぜか成り行きチャーター車で観光ツアー [デリー]

第3話 なぜか成り行きチャーター車で観光ツアー [デリー]

インド到着の初日の朝はホテルのフロントからの電話で目が覚めた。 「Good Morning!! 朝食はどうしますか?」 昨夜、ホテルに着いたときは真夜中だったため、すでに部屋はほとんど埋まっており、安ホテルとはいえ「スイートルーム」に泊まることに。 加えて、相場のよくわからない私らは、かなり多…