旅ナビ-インド・南アジア

旅ナビ-インド・南アジア

PickUPインド・南アジア旅行のお薦め記事

Infomation

インドに興味を持ってしまったあなたに送る体験談が満載?!

私が初めて個人旅行で旅立った国はインドでした。 まだ一人でインドを歩く勇気はなくて、友人とおっかなびっくり、そして若さ故の世間知らずっぷりで旅したのを懐かしく思い出します。
空港で頼めるホテルが高いと騒ぎ、危ないからタクシーに乗れといわれて「バスじゃなきゃ嫌だ」と返す。
夜中でも平気で女子が町中を歩ける安全な国から来た小娘はわざわざ問題が起こりそうなことばかり望むわけです。
隙あらば人をだまくらかそうという人がいるのも事実なのだけど、すべての人がそうではない。
だけど、だまされるもんか!といちいち肩肘を張っていたのですね。若かったから。
ホテルの予約窓口にいたおじさんは、世間知らずの小娘にあからさまにむかつきながらも、 あろうことか、タクシーではなく路線バスの運転手にホテルまで送るようを頼んでくれていました。
終点のバスターミナルですべての乗客を降ろした後に、我々だけ特別にホテルまで送ってくれたのです。
銀行員が両替のお金をちょろまかしたり、オートリキシャが目的地まできちんと連れて行ってくれなかったり、 悪い人の情報ばかりがクローズアップされがちですが、実はそういう人はほんの一握りもいない。
そして、そういう人が現れるのも結構場所が限定されている。今でこそ断言できますが、いや、若かったっすね~。

※メインサイト「旅ナビ」からコンテンツを分離中です。しばらくデザインが安定しませんがご了承ください。

インド旅行に一押し!とっても役立ったサイト

01位
モバイルWifiは重宝します
都会でお役立ち!イモトのWifi
IT立国インドの旅で携帯電話を使わず旅するということが珍しくなってきました。 有線電話が普及する前に携帯電話が広がったので、何かと「電話して」とか言われて非常に困る。(いや、持ってないから!) ただし特に田舎に行くとガラケーが主流で、メールやLINEなどは使いこなさない人も多いです。 wifiも繋がらないとただの荷物になるので、注意して。街なら問題ありません。
02位
ホテルクーポンサイトはこれ
現地払いが安心のBooking.com
ホテルクーポンサイトはいろいろありますが、ホテル契約数が多く、現地通貨払いが基本なのがブッキングドットコム。 Wifiを持ち歩けば、旅をしながらホテルを予約することができるので便利です。 近年は個人経営の安宿もこれらのサイトに登録されているのが当たり前になっています。 300円で泊まれた時代とは違うのだ。 現金をあまり持ち歩きたくない場合はagodaがおすすめ。 どちらも登録宿が豊富です。
03位
個人で自由旅行がお薦め!
格安航空券をネットで即時予約
インドは国土が広いので短期間で有名観光地を回ろうと思ったら飛行機が必須。 日本企業の進出が広がり、主要な都市までならJALやANAで行けますが、その先の国内線はインドの航空会社の利用になります。
列車の手配は複雑なので慣れた旅行代理店に頼った方が安心があります。 日本語ができる現地の代理店か、日本にあるインド専門の代理店が頼りになりますよ。

記事一覧表示

インドの列車のチケット・切符の手配について

インドの列車のチケット・切符の手配について

インドの列車の切符の手配は以前は日本の旅行代理店に依頼するか、インド入国後に窓口で買うのが一般的でした。基本的に列車の予約は大行列に並ぶことになりますが、比較的大きな都市の場合、駅または周辺の予約オフィスに外国人専用の窓口があるのがありがた…

インドの民族文化・宗教・お祭り

インドの民族文化・宗教・お祭り

連邦公用語はヒンディー語ですが、他に憲法で公認されている州の言語が21もあるインド。 本当に話されている言葉の数はもはや数え切れないほどで、民族も違えば宗教も多種多様な国です。 インドを何度も訪れてしまう人の中には私のように、行っても行って…

ブッダガヤで見たインド。宗教と教育と経済格差。

ブッダガヤで見たインド。宗教と教育と経済格差。

【ブッダガヤでチベット人から購入した数珠と骨董品のトルコ石ブレス】 バラナシから車をチャーターして仏教の聖地をぐるりんと回った後、ブッダガヤにやってきた。 ブッダガヤのあるビハール州はインドで最も貧しい州とも言われている。 そんな知…