旅の本
※現在、デザイン変更中です。表示が崩れることがあります。

オススメの本

鉄道の旅手帖 乗った路線をぬりつぶしてつくる自分だけの旅の記録
国内の鉄道旅行に必携。路線を塗りつぶしながら造るたび記録。眺めているだけでも楽しい。
チェーザレ 惣領冬美
中世ヨーロッパの英雄チェーザレ・ボルジアの生涯を緻密で繊細な絵で描いた歴史漫画。
ぼくらの祖国 青山繁晴
祖国日本の過去と今と未来について一人一人が考え、行動するための提言書。
永遠の0 百田尚樹
海軍パイロットだった一人の男の生き様をたどる物語。家族の絆、男の生き様に涙しつつ、この国の歴史をすんなりと理解する。エンターテイメント性あふれる小説。
セデック・バレ ウェイ・ダーション
日本統治時代の原住民族と日本側との衝突を背景にしたエンタメ。大いに見応えあり。
有名旅行ガイド、人気雑誌、ご当地本など、国内旅行やレジャーに役立つ電子書籍を厳選収録。 ガイドブックを買って必要箇所だけ破って持っていく時代は終わりました。 電子書籍版は必要な箇所だけ購入できます。

ホーム > エッセイ(その他) > アジア新聞屋台村 高野秀行

アジア新聞屋台村 高野秀行


東京の新大久保にあるアジア系新聞社でであったアジア各国人との
交流などをつづったエッセイ。日本国内にもこんなとこがあるのだなぁ。



この本のレビュー

東京の新大久保といえば昨今では韓流ブームで韓国料理屋、食材店などがひしめく町として有名にはなったが、もともとアジア系の外国人が生活している混沌としたエリアだった。
そこに月1回のペースで発行する各国語の新聞があり、その会社を運営しているのが台湾人であるという。
新聞というとお堅いメディアのイメージがある日本人にしてみれば、
こんなゆるい状態で新聞を発行していいのか?とか、自国のメディアから ネタをぱくって発行するなんて大丈夫なのか?とかつっこみどころは満載。
そしてなにより、こんな場所が日本国内にあったのかと驚く。

著者が遭遇したタイ人、インドネシア人、ミャンマー人、韓国人、台湾人などの
日本人とは異なる考え方などを知ることもできて、興味深い。
高野氏は作家としてプロなので文章も読みやすくさらっとよめます。

世界中の辺境を旅し、いろんな国の人と関わってきた著者が書いているので、
出てくるアジア人とのふれあいが自分の経験や知識というフィルタが通っているので、
全く知識も興味もないひとが彼らに接しても気づかないようなことに気づいている感じもする。
なるほどなぁというかんじです。

それなりに楽しく読めました。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓