旅の本
※現在、デザイン変更中です。表示が崩れることがあります。

オススメの本

鉄道の旅手帖 乗った路線をぬりつぶしてつくる自分だけの旅の記録
国内の鉄道旅行に必携。路線を塗りつぶしながら造るたび記録。眺めているだけでも楽しい。
チェーザレ 惣領冬美
中世ヨーロッパの英雄チェーザレ・ボルジアの生涯を緻密で繊細な絵で描いた歴史漫画。
ぼくらの祖国 青山繁晴
祖国日本の過去と今と未来について一人一人が考え、行動するための提言書。
永遠の0 百田尚樹
海軍パイロットだった一人の男の生き様をたどる物語。家族の絆、男の生き様に涙しつつ、この国の歴史をすんなりと理解する。エンターテイメント性あふれる小説。
セデック・バレ ウェイ・ダーション
日本統治時代の原住民族と日本側との衝突を背景にしたエンタメ。大いに見応えあり。
有名旅行ガイド、人気雑誌、ご当地本など、国内旅行やレジャーに役立つ電子書籍を厳選収録。 ガイドブックを買って必要箇所だけ破って持っていく時代は終わりました。 電子書籍版は必要な箇所だけ購入できます。

ホーム > エッセイ(その他) > 勝手に関西世界遺産 石毛直道他

勝手に関西世界遺産 石毛直道他


一言で言うと人気の学者、落語家、作家らによる関西自慢。
著者が多いので人間、言葉、食べ物、名所旧跡などバラエティに富んでいます。



この本のレビュー

京都、奈良、そして熊野とユネスコに認められた世界遺産はあれど、
それらの優等生な遺産ではなく、関西人が愛する文化は他にもたくさんある。
ユネスコからは見向きもされないであろう関西の風土の日常から生まれた愛すべきお宝を、
人気の学者、落語家、作家らが独自の視点から熱~く推薦している。
そして、朝日新聞が出版しているだけに、思った通り新聞連載の書籍化であった。

この手の本は正直に言うとその土地のことをよく知っている人でないと良さがいまいち伝わらないことが多く、そういう意味では関西のみで新聞に連載していたのもよくわかる。
なんていうか関西人は自慢にしていても、他地方の人間には理解できないことがもちろんあるのである。だって、たとえば言葉とか。自分たちが使わない言葉についてはよくわからないでしょう。
そういう意味では熟読しておもしろいかといえばそれなり。
これはきっと関西の人が東京のこういった本を読んでも同じように感じるであろう。

中には知っているものやいったことがある場所が出てくるので、
その背景を知ることで「そうだったのか」と楽しめるページもある。
関西に遊びに行く予定がある場合、ふつうの観光スポットからはずれたところなど、
探すのには適しているかも。

ただし、このほんの対象は「場所」だけでなく、言葉とか人間なんかも関係するので、
観光ガイド代わりに買う本ではありません。
関西の人のツボを知るのによいかな。という感じ。

タグ : ,

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓