旅の本
※現在、デザイン変更中です。表示が崩れることがあります。

オススメの本

鉄道の旅手帖 乗った路線をぬりつぶしてつくる自分だけの旅の記録
国内の鉄道旅行に必携。路線を塗りつぶしながら造るたび記録。眺めているだけでも楽しい。
チェーザレ 惣領冬美
中世ヨーロッパの英雄チェーザレ・ボルジアの生涯を緻密で繊細な絵で描いた歴史漫画。
ぼくらの祖国 青山繁晴
祖国日本の過去と今と未来について一人一人が考え、行動するための提言書。
永遠の0 百田尚樹
海軍パイロットだった一人の男の生き様をたどる物語。家族の絆、男の生き様に涙しつつ、この国の歴史をすんなりと理解する。エンターテイメント性あふれる小説。
セデック・バレ ウェイ・ダーション
日本統治時代の原住民族と日本側との衝突を背景にしたエンタメ。大いに見応えあり。
有名旅行ガイド、人気雑誌、ご当地本など、国内旅行やレジャーに役立つ電子書籍を厳選収録。 ガイドブックを買って必要箇所だけ破って持っていく時代は終わりました。 電子書籍版は必要な箇所だけ購入できます。

ホーム > エッセイ(その他) > イタリアの馬鹿男、日本の駄目男 [ かわいゆうこ ]

イタリアの馬鹿男、日本の駄目男 [ かわいゆうこ ]


ヨーロッパ各地を放浪した経歴のあるノンフィクションライターによる イタリア男子と日本男子の違い。イタリア行ったことないのでぴんとこなかった。


この本のレビュー

ヨーロッパ各地を放浪した経歴のあるノンフィクションライターによる イタリア男子と日本男子の違いを論じた?本。

ヨーロッパに渡ったことがなく、イタリアのナンパも噂でしか知らないので、
いろいろとぴんとこないところが多かった。
こういう本はもっと実例を挙げておもしろおかしく著述して欲しいと思うのだが、
例が少なく著者の主張の分量の方が多いので、その主張がぴんとこなくて 同意できるところがあまりないです。

というか、要するに基本的にイタリア男のだめなところと、日本男のだめなところを
列挙して悪く言っているのがほとんどなので、読後感が悪いのだろうと思います。
こういうのは良いところに視点を当てて、悪いところは笑い話になるような文体で 書いてくれると面白く最後まで読めると思うのですが。
というわけで、半分くらいまで読んで後は流し読みしてしまいました。

タグ : ,

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓