旅の本
※現在、デザイン変更中です。表示が崩れることがあります。

オススメの本

鉄道の旅手帖 乗った路線をぬりつぶしてつくる自分だけの旅の記録
国内の鉄道旅行に必携。路線を塗りつぶしながら造るたび記録。眺めているだけでも楽しい。
チェーザレ 惣領冬美
中世ヨーロッパの英雄チェーザレ・ボルジアの生涯を緻密で繊細な絵で描いた歴史漫画。
ぼくらの祖国 青山繁晴
祖国日本の過去と今と未来について一人一人が考え、行動するための提言書。
永遠の0 百田尚樹
海軍パイロットだった一人の男の生き様をたどる物語。家族の絆、男の生き様に涙しつつ、この国の歴史をすんなりと理解する。エンターテイメント性あふれる小説。
セデック・バレ ウェイ・ダーション
日本統治時代の原住民族と日本側との衝突を背景にしたエンタメ。大いに見応えあり。
有名旅行ガイド、人気雑誌、ご当地本など、国内旅行やレジャーに役立つ電子書籍を厳選収録。 ガイドブックを買って必要箇所だけ破って持っていく時代は終わりました。 電子書籍版は必要な箇所だけ購入できます。

ホーム > エッセイ(その他) > 台湾は台湾人の国 許世楷/盧千惠

台湾は台湾人の国 許世楷/盧千惠


日本やアメリカで台湾の独立運動をしてきた著者の半生を綴った本。
戦後の台湾がどのような国だったかかつて台湾を支配した日本人は知っておくべき。



この本のレビュー

日本に留学後、台湾の独立運動や人権運動を広く行ってきたご夫婦の共著。
かつて台湾を統治していた日本が去った時、台湾がどのような状態になったのかや
オランダ、清、日本と外国に押さえつけられる歴史を経たことで台湾人の文化や
アイデンティティが失われていったという現実を冷静に書き留めてある。

意外だったのは「日本人の多くは台湾を中国の一部だと思っている」と書いてあること。
私は昔から台湾は台湾、中国は中国だと思っていたし、日本人が書いた物の本などでは、
「日本人は台湾は台湾だと思っているが、中国人はそう思ってないから注意」とか、
そういう風に書かれているほうが多いと思う。

どうしてこの本の著者がこういう思いをもつようになったのかなぁ?と考えると、
一番は日本に暮らしていて役所の扱いが「中国」だったりすることなのかも。

著者も本に書いているが、シンガポール人は中華系もインド系もマレー系もいるが、
シンガポール人であるのと同じことで、台湾もポリネシア系、ホーロー系、客家系、北京語系と
様々な民族がいるが、みな「台湾人」だという。そういわれるとわかりやすい。

かつて日本も台湾人を日本人化しようとして教育したわけだが、
今の台湾人が日本人に親しみをもってくれていることは、運が良いとも言えるし、
(その後の政府がひどかったから。)
それだけでなく、そもそもの台湾の人が、過去のことは水に流して未来に生きるという
広い度量を持っているからだとも言えます。

日本にも「水に流す」という言葉がありますが、逆に過去の恨みは一生許さないという
考え方をする人たちも世界には多くいるわけで。
日本人と台湾人は外国人でありながらも仲良くしやすい民族性も持っていると思った。
隣国として、我々はもっと台湾に近づいても良いはず。
ここまで台湾とは経済的にも文化的にも交流が盛んなのに
私が生まれる前に決まった台湾との国交断絶が未だに生きているのはなんでなのかと、
素朴に思ってしまいます。この前の震災だってあんなに助けて貰ったのに。

しかし、この本は2005年に出版された物です。
当時は相当が民進党の陳氏だったころで、台湾独立の機運もありましたが、
その後、国民党の馬氏が総統となり、さらに先日、馬氏が再選しました。
このことを著者たち独立運動に生涯を捧げた人たちはどう見ているのだろうかと感じました。
本では感情的な文章は全くなく事実を淡々と語ったことがおおかったですが、
いくら同志や家族がいたからといって、祖国に30年以上も帰れないなんて異常です。
忸怩たる思いを抱えていたのだろうなぁとおもいました。

金美齢さんは国民党が政権を奪還した時、日本国籍になりました。
台湾人が独立を望んでいないという思いをうけとめ、外から台湾を見守る覚悟を持ったようです。
今回の選挙では台湾の人は「現状維持」を望んだそう。独立せず、統一もしないという。
国民党の馬氏が統一をにおわせることを言えば支持率を落とし、
民進党の蔡氏が独立をにおわせるとこれまた支持率を落としたそうです。

日本はいま政権がそうとうお粗末なのでどう転ぶかハラハラしますが、
台湾との関係がよりいっそう良い方向に進むよう願ってやみません。
その為には台湾のことをもっと知るべきだなぁと思います。

馬氏も尖閣諸島は日本の領土だというようなことを去年口走ったらしいし、
そういう重要なことを日本人に伝えないマスコミはちょっとなぁ。


タグ :

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓